2019年05月03日

広島-巨人 6回戦

マツダスタジアム

C 6  ―  G 3

広島の守備の乱れで同点に追いつくも、浅い左飛でタッチアップされ決勝点を許す

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
巨人 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3
広島 0 1 0 0 0 2 0 3 0 6
投手リレー
G:メルセデス-宮國-田原-高木
C:床田-一岡-フランスア-中崎

8回の攻防が勝敗を分けた

凡戦。この試合を一言で評すれば、そういうことになる。
広島にしてみれば、3-0ですんなり終わらせておきたい試合だったはずだ。それが菊池、安部のエラーで同点に追いつかれた。今年の広島が強くないのは、守備の乱れが大きな原因だ。一方の巨人も8回裏、1死1・3塁で西川の打った浅いフライでタッチアップされてしまう。アウト、セーフは仕方がないにしても、あれを一塁方向に暴投した重信はいただけない。あれで1塁ランナーまで3塁に進まれてしまった。終盤に両チームに大きなミスが出たちょっと残念なゲームだ。

この試合の勝敗を分けたのは8回の攻防。

カープは必勝パターンのフランスアを登板させるが、調子はイマイチ。2死満塁で坂本までチャンスを回したが、その坂本が残念ながら凡退。その裏、ジャイアンツは田原を登板させるが3番・4番に連打されて、ノーアウト1・3塁とされてしまう。

バティスタに打たれた内野安打は完全に打ち取った当たりなので仕方ない。でも、4番鈴木誠也には長打を警戒し過ぎて、シングルヒットを打たれてしまう。こういった場面で、これまでホームランを打たれてきただけに、小林のリードも外野の守備体系もどうしても長打警戒になってしまうのだけれど、ライト前ヒットでランナーを3塁まで進められてしまうと、ちょっとキツい。田原の技量と鈴木誠也の技術の違いと言ってしまえばそれまでなんだけれど、これで勝負あった感じだ。結果は前述の通り、西川に犠牲フライを打たれて、続く安部に2ランホームランを打たれてジ・エンド。

クリーンアップの打率が低調、打線を組み替えては?

そもそも、ジャイアンツ打線が床田をてんで攻略できなかったことに尽きる。なにせ、7回に山本が内野安打を打つまでは、ピッチャーのメルセデスが1本打っただけで、野手はノーヒットだったのだから。床田は右打者よりも左打者の方が対戦成績が悪いというデータがある。ならば、5番に亀井を起用して、陽かゲレーロをスタメンから外すべきだったのではないかと思う。昨日、2人ともホームラン打っていたので、外しにくかったのは分かるけど。

メルセデスも左打者が苦手で、カープが5番西川、6番安部と左を並べたのとは対象的だった。

それにしても、クリーンアップの打率が低調だ。4番の岡本が.250を下回る打率で、こないだまで3割を打っていた3番のビヤヌエバも.250を下回った。ゲレーロも陽も打率は低い。亀井だって.260程度だ。中軸の打率がみんな低いので、いくら坂本や丸が出塁しても、点数にならない。やはり岡本と丸はくっつけておきたいところだ。

というわけで、ジャビッ党で打順を提案してみたい。

1番 増田大輝(サード/レフト)
2番 坂本勇人(ショート)
3番 丸佳浩 (センター)
4番 岡本和真(ファースト)
5番 亀井善行(レフト)/ビヤヌエバ(サード)
6番 陽岱鋼 (ライト)
7番 山本泰寛(セカンド)
8番 キャッチャー
9番 ピッチャー

岡本の前に丸を置いて、岡本のマークを少しでも緩めたい。増田がうまく1番にハマってくれれば、吉川尚輝がいたときのような繋がりが生まれるのではないかと思う。増田が機能しなそうであれば、重信をもってきてもいい。6番のところは、調子が上向いてきた陽にしたが、対戦相手に応じて、ゲレーロでも石川でもいい。

ぜひ、増田か重信の1番を原監督には試してほしいものだ。

ジャビッ党が選ぶこの日の戦犯とVP

戦犯・・・ビヤヌエバ

3回、5回と2度の満塁のチャンスで凡退。調子も落ちてきており、たまにはスタメンから外してもいいと思う。

VP・・・増田大輝

先日、「石川のフェンス直撃のレフトゴロで追加点ならず!高橋優は四球からの失点で敗戦」で粘って四球を選んだ亀井をVP選んだのだけれど、そのときに、山本、重信、増田に見習ってほしいと書いた。それを実践してくれた増田をVPに選びたい。結果として、得点にはつながらなかったものの、フランスアから7球目に四球を選び、1番坂本につなげたのは見事だ。

マツダスタジアムでの連敗はなんとしても避けたい。明日はクリーンアップの奮起に期待しよう。
絶対勝つぞ!ジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

“広島の守備の乱れで同点に追いつくも、浅い左飛でタッチアップされ決勝点を許す” への1件のコメント

  1. […] 前回、「広島の守備の乱れで同点に追いつくも、浅い左飛でタッチアップされ決勝点を許す」で、丸と岡本をくっつけて並べたいということで、打順の組み換えを提案したのだけれど、 […]

コメントを残す