2019年05月04日

広島-巨人 7回戦

マツダスタジアム

C 3  ―  G 2

畠もダメ、野上もダメ。7回に逆転するも、簡単に追いつかれサヨナラ負け

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R
巨人 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
広島 1 0 0 0 0 0 1 0 0 1X 3
投手リレー
G:今村-畠-戸根-中川-野上
C:ジョンソン-一岡-フランスア-中崎-レグナルト

畠もダメ、野上もダメ、ブルペン勝負になるて勝てない巨人

ジャイアンツは今季初の延長戦。わかってはいたけれど、投げさせるピッチャーがいない。。。

ブルペンで唯一信頼できる中川を8回、9回とイニング跨ぎで起用。ベンチの信頼に応えた中川は2イニングを無失点に抑えた。でも、その後のマウンドを任せられる投手がいない。その時ベンチに残っていた投手は、宮國、田原、高木、野上。10回裏のマウンドに上ったのは野上だった。「4人のなかで、昨日登板していないのは野上だけだから」そんな理由くらいしか思いつかないくらい、根拠のない投手リレー。

田原と高木は昨日失点している。でも裏を返せま、2回に1回くらいは抑えられるのだから、この日は大丈夫な日だったかもしれない。結局誰が投げても失点したんだろうね。

案の定、野上が打たれてサヨナラ負け。

コントロールが生命線の投手なのに、外角低めへのストレートがままならない。ストライクゾーンギリギリのボールの出し入れで勝負しなければいけないのに、外角にボール3つ分くらい外れる。それでストライクを取りに行ったら打たれるよね。

6回、7回を投げた畠もひどかった。
6回は無失点だったけれど、ストレートを痛烈に弾かれる。球は速いのに、なんであんな簡単に打たれちゃうんだろう?ストレートを狙い撃ちされるから、変化球を投げるけれど、畠の変化球は一級品とは言えない。結果、7回に勝ち越した直後にあっさり追いつかれてしまう。

結果論でいうと、あれだけストレートをいい当たりされた畠をイニング跨ぎさせなければよかった。
7回表、2死3塁で5番ゲレーロ。次の6番には畠が入っており、打順が回れば代打だった。でも、打順は回らず、畠が2イニング目のマウンドに向かうことになったのだけど、6回の畠の打たれっぷりを見て、畠は替えたほうがいいと思っていた。7回裏、ゲレーロのところに増田大が守備ではいるのだけれど、それならば、ゲレーロのところにピッチャーを入れて、6番に増田大を入れればいいのにと思ったけれど、まぁ、1ファンのボヤきだね。

上原はまだか!?

こうなると、頼れるベテラン、背番号19・上原浩治に期待したいところのだけれど、5月3日にファームで失点してる。。。5月4日に現在の時点で、9試合を投げて防御率4.00。まだだめか。

数字を見ると、左の池田駿が防御率0.89でいけそうな気がする。ただ、2軍では森福のほうが防御率0.69で数字はいいんだよね。数字だけではアテにならないか。

このまま行くと、4月の貯金をブルペンが食い潰すことになりかねない。誰か救世主出てきて!

丸の3番復帰はアリだと思う

前回、「広島の守備の乱れで同点に追いつくも、浅い左飛でタッチアップされ決勝点を許す」で、丸と岡本をくっつけて並べたいということで、打順の組み換えを提案したのだけれど、原監督もそう思っていたらしく、この試合は丸を3番に上げる新打順で臨んだ。開幕から連続出塁を続ける坂本は動かしたくないみたいで、1番坂本、3番丸と今シーズンはじめて坂本と丸を離して、2番に山本を入れいた。

その山本、5回表ノーアウト1塁で送りバントを2度ファウルし、進塁打も打てず三振。本人も悔しいだろうけれど、ベンチとしてはガッカリな結果となった。ビヤヌエバ下げて中島使うなら、増田大輝を使ってほしいな。

しつこいようだけれど、1番・増田大、2番・坂本、3番・丸がいいよ。
1番坂本を外せないのならば、1番・坂本、2番・増田大、3番・丸でいかがでしょうか?原監督。

ジャビッ党が選ぶこの日の戦犯とVP

戦犯・・・岡本和真

4番の仕事ができていない。3回、5回、7回と3度得点圏にランナーを置いて凡退。落合博満曰く「勝敗は4番が背負うもの」。体も意識もレフト方向に向いているので、すこしライト方向にライナーを飛ばしてほしい。

VP・・・丸佳浩

3番復帰で早速3安打、1四球。2番だと無意識に繋ぐバッティングを考えてしまうのかもしれない。しばらく3番丸・4番岡本で、岡本の復調をサポートしてほしい。

3連敗は絶対避けたいジャイアンツ。山口俊は、最低でも7イニング。打線は5点以上で子どもの日にカープに勝ちたい!
絶対勝つぞ!ジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す