2019年04月30日

巨人-中日 3回戦

東京ドーム

G 1  ―  D 3

石川のフェンス直撃のレフトゴロで追加点ならず!高橋優は四球からの失点で敗戦

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
中日 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3
巨人 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
投手リレー
D:大野雄-ロドリゲス-鈴木博
G:高橋優-高木-田原-桜井

フェンス直撃の当たりがレフトゴロに・・・

平成最後のゲーム、ジャイアンツはドラゴンズ相手に1-3で敗れ勝利することはできなかった。打線が大野雄大-ロドリゲス-鈴木博の前に5安打に封じ込まれたこの試合、立ち上がりで大野雄を打ち崩せなかったのが、最後まで響いてしまった。

1回裏、巨人打線は大野雄の立ち上がりを攻め、丸、ビヤヌエバ、岡本の3連打で1点を先制する。なおも1アウト1・2塁で続くはこの日5番に抜擢された石川。大野雄のカットボールを捉えた打球はレフトへ向かった放物線。「行ったか!?」と思ったけれど、ちょっと届かず。中日レフトの伊藤康が、フェンス際でジャンプ。ボールはフェンスに直撃した後、伊藤のグラブに入った。

フェンス直撃の当たりなので、インプレー。審判もセーフの判定だったが(この判定が少し遅かったようだ)、岡本はダイレクトキャッチと判断して1塁に戻ってしまった。結果、レフトからセカンドにボールが渡り、7-4のレフトゴロという記録。石川はヒット1本を損し、巨人は追加点を奪えず2アウト1・3塁で試合再開。このレフトゴロは中日の伊藤を称えるべきプレーだろう。ランナーの岡本を責めることはできない。でも、この当たりがヒットになっていれば、さらに追加点をあげて、ひょっとしたらビッグイニングになっていたかもしれない。

2回以降は大野雄が立ち直り、素晴らしい投球をされてしまった。いいピッチャーからはそうそう点が取れるものではない。

高橋優の四球はダメな四球

ジャイアンツが1点先制した後の高橋優のピッチング。先頭の平田、続く阿部に四球を与えてしまう。高橋優貴はもともと、四球が多い投手だけれど、この四球はダメなやつだ。際どいコースをボール判定されての四球なら仕方ないけれど、平田への4つのボール球はいずれも、投げた瞬間にそれと分かる球。阿部に至ってはストレートの四球だ。その後、福田にホームランでは言い訳できない。

ただ、あそこから立ち直るのだから不思議なピッチャーだ。1回裏の先制点が「得点と取ってもらった後に失点してはいけない」という精神的なプレッシャーもあったのかもしれないけれど、リリースの瞬間からボール球なのだから、メカニック的なところの方が大きいような気がする。しかもそれが修正できているのだから、連続四球を出す前に修正できるようにならなければいけない。

原監督は気が短い監督だ。先日は今村が7回無失点と好投し、ファームでも田口が結果を出している。高橋優貴に与えられるチャンスはそう多くはないと思ったほうがいい。

ジャビッ党が選ぶこの日の戦犯とVP

戦犯・・・高橋優貴

連続四球からのホームランは、守ってる野手の戦意を削ぐ。かなりダメだ。

VP・・・亀井善行

2点を追う9回表、代打として登場。鈴木博志のストレートとカットボールをファウルし続け、14球目に四球を選んだ。結果としてこの回に点数は奪えなかったけれど、あの粘りは見事!山本や重信、増田にはぜひ見習ってほしい。

明日は令和元日。なんとしても勝利して、幸先のよいスタートを切りたい。

絶対勝つぞ!ジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

“石川のフェンス直撃のレフトゴロで追加点ならず!高橋優は四球からの失点で敗戦” への1件のコメント

  1. […] 先日、「石川のフェンス直撃のレフトゴロで追加点ならず!高橋優は四球からの失点で敗戦」で粘って四球を選んだ亀井をVP選んだのだけれど、そのときに、山本、重信、増田に見習っ […]

コメントを残す