増田大輝が脚でジョンソンから1点をもぎ取り、甲子園で先勝!

2019年07月08日

阪神-巨人 11回戦

甲子園

T 3  ―  G 4

チーム123456789R
巨人1001010104
阪神0110001003
投手リレー
G:菅野-田口-大竹-中川-マシソン
T:西-能見-ジョンソン-小野

やっぱり今年の菅野智之は良くない

前回登板で今シーズン初めての完封で8勝目をあげたジャイアンツのエース菅野智之。中5日で、オールスター前の最後のマウンドに上がった。タイガースには5月15日にボコられており、そのリベンジなるかというところも注目の試合だった。

阪神打線にボコられた菅野は10失点。今年の菅野はやっぱり変。どうすれば復活する?
打線は8点取ったけどね、エース菅野が10失点では。。。 まさにサンドバック状態。今日の菅野は阪神打線にフルボッコされた。 3回、4回と三者凡退に抑え、立ち直るかに見えた。打線も4回裏までに4点を返し、1点差。6回をしっかり抑えれば、先週のように逆転もあるかもしれない。そう思った矢先に先頭の木...

阪神打線は、5月の試合で菅野から10得点したこともあり、各打者が菅野に対して自信をもって打席に入っている感じがした。一方の菅野は、相変わらずボールが高く甘いボールが多い。

6回までで10安打を浴びて、球数も100球を超えてしまう。それでも3失点に抑えていたというのは流石エースといったところ。ほかのピッチャーだったら、7回表に先頭打者で打席が回ってきたところで、代打を出されて交代だったに違いない。

でも、原監督はエースということもあり、7回も菅野をマウンドに送る。けれども菅野は原監督の期待に応えられないんだよなぁ。先頭のマルテに2塁打を打たれて、同点のピンチを迎えてしまう。

自分の判断ミスをすぐに軌道修正できる原監督の決断力がスゴい!

ここで、菅野をスパッと替えたのは原監督ならではの采配だよね。

普通、6回で交代させず7回のマウンドに送り出すという決断を下したならば、ヒット1本を打たれたくらいで自分の決定を覆したりはしない。もっとピンチが広がったり、同点になるまで引っ張る監督がほとんどだと思う。だって、行けると判断してマウンドに送った選手をすぐに引っ込めたら、「さっきの自分の判断は間違っていました」って認めちゃうことになるから。

でも、それができちゃうのが原監督のスゴいところ。「さっきの判断間違ってたね。ごめん、すぐ修正するね」ということができるリーダーって、実社会のなかでそんなにいないんじゃないかな。朝令暮改とか言われちゃうから。

原監督は「朝令暮改」と言われることを厭わない。「改」のタイミングが遅くなって、取り返しがつかなくなる方がもっと悪いと分かっているからだ。

菅野-田口-大竹とリレーして、結果的に1点を奪われて同点になってしまったけれど、最少失点で済んだからオッケーだ。

スタートを切れる増田のメンタルの強さ

この試合、原監督のもう一つの決断がジャイアンツを勝利に導いたのだと思う。同点で迎えた8回表に、先頭打者の岡本がヒットで出ると代走に増田を送ったのだ。まだ同点の場面だったし、5番の大城も引っ込めている。延長の可能性も考えると、4番の岡本を代えるのは大きな決断だよね。9回でゲームを決めるという想いだと思う。延長入っちゃうとブルペンの戦力的にも不利だしね。

マウンドにいるのはタイガースの絶対的セットアッパー、ジョンソン。いいピッチャーだよね。普通に打っても点はなかなか取れない。

そこで、生きるのが増田の足。ジョンソンの牽制悪送球で2塁に行くと、次の投球で3盗を決めてしまう。おそらくサインだったのだろうけれど、1球目から躊躇なくスタートを切れるメンタルの強さは見事なもの。

7月3日のバントもそうだったけれど、自信をもってプレーできるくらい、練習をしてきているということなんだろうな。

ベテランも若手もベンチも総力戦で中日との接戦を制し巨人がサヨナラ勝ち
昨日は菅野が1人で投げきった試合だったが、今日のジャイアンツは6人のピッチャーがマウンドに上った。そして野手は立岡を除く全員がグラウンドに立った。まさに総力戦だった。7回には阿部慎之助、亀井で中日を逆転、同点とされた9回は若林、増田でサヨナラ!ベテランも若手も活躍した見事な勝利だった。

でもって、陽岱鋼のショートゴロでゴロゴー!陽の当たりは結果的に内野安打になったけれど、ショートが上手くさばいても、セーフになったんじゃないかと思う。この1点が決勝点だ。

8回裏中川、9回表マシソンのリレーはそんなに驚かなかった。8回裏は1番からの打順で左打者が3人続くから、一番安定している中川を持ってきたということ。ただ、使われるピッチャーは8回だったり9回だったりするのはやりにくいのかもしれない。そのあたりは、原監督は野手出身の監督だからね。

なにはともあれ、甲子園の初戦を勝ったのは大きい。

ジャビッ党が選ぶこの日のMVP

MVP・・・増田大輝

育成から、支配下、そして1軍定着へとステップアップしている増田。ポスト鈴木尚広のポジションを狙えるところまで来ている。警戒されても走れる、塁にいるだけでバッテリーにプレッシャーをかけられる。そんな存在になってほしい。

明日の先発は桜井。7回くらいまでしっかりとゲームを作って、セ・リーグのチーム相手でも先発として行ける、というところを見せてほしい。
明日も勝つぞ!ジャイアンツ!

スポンサーリンク
試合レポート
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました