2019年05月12日

巨人-ヤクルト 9回戦

東京ドーム

G 1  ―  S 4

2日続けて打線が繋がらず、手負いのスワローズに連敗

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ヤクルト 0 0 3 0 0 0 0 0 1 4
巨人 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
投手リレー
S:高梨-ハフ-マクガフ-五十嵐-梅野
G:山口-高木-野上-田口

巨人もヤクルトも先発はよくなかったけれど。。。

ジャイアンツ打線が2日続けて沈黙した。

ヤクルト先発の高梨は決して良くなかったと思う。ストレートはキレてたけれど、逆球は多かったし、変化球も結構高めに浮いていた。ボールが荒れていた分、狙い球が絞れなかったと言えるのかもしれないけれど、打たなきゃダメでしょ。

スワローズは、山田、青木、バレンティンがいない打線。飛車角金落ちのラインナップ。これに負けたのだから大いに反省してほしい。

結局初回だった。坂本がセ・リーグ記録更新となる連続出塁記録を伸ばすヒットを打つと、丸、岡本が四球で1死満塁。亀井のセンターへの犠牲フライで1点先制するけれども、あっぷあっぷしていた高梨を攻めきれなかった。2アウト1・3塁で、6番の山本だったのだけれど、見逃し三振に終わる。ここがこの試合の肝だったと思う。

1回裏 2アウト1・3塁 山本の打席を振り返る

1球目 外角ストレート 見送りストライク 0-1
2球目 外角ストレート 見送りボール 1-1
3球目 低めストレート 見送りボール 2-1
4球目 高めストレート 見送りボール 3-1 1塁走者岡本盗塁

この岡本の盗塁が、山本の心にスキを作ったのではないだろうか?

2アウト2塁・3塁、カウント3ボール1ストライク。打撃好調な山本だけに、かんたんには勝負に来ないだろう、四球かもしれない。と思ってしまったのではないだろうか?

4球連続でストレートだから、5球目は変化球の可能性が高い。高梨の変化球は緩いカーブと、速いフォーク。僕が打者ならランナーも走ったことだし、カーブを待つと思う。

5球目 真ん中カーブ 見送りストライク 3-2

案の定カーブだったけれど、山本はフォークを待っていたのだろう。まるで反応しなかった。そしてフルカウントからの6球目。山本の意識に、決め球はフォーク、かなりの高確率でボール球と思っていたのではないだろうか。

6球目 ストレート 見送りストライク 三振

バッテリーとしてはコントロールが不安定なので満塁にしたくない。だからストレートという発想だった。山本にもう少しストレートの意識があり、四球かもしれないという想いが頭から離れていたら、少なくともファウルにはできたのではないだろうか?

この日の山本は2打席目も見逃し三振で、替えられてしまった。原監督は見逃し三振は嫌いだからね。
山本はこの日の打席を反省して次に生かしてほしい。

ジャビッ党が選ぶこの日の戦犯とVP

戦犯・・山口俊&小林

この日の山口は良くなかった。ストレートが構えたところに全然行かない。アウトローに構えたのにインハイに行ってしまう。キレもいまいちだったのかもしれない。原監督が3回で見切ったのは正解だと思う。けれども、悪いなりに、もう少しなんとかならなかったのかな。

ピッチャーの調子が悪いときに、それなりのピッチングをさせて、試合を作るのがレギュラーキャッチャーの役割だ。
残念ながら小林にはそれができない。この日の山口は、ストレートは制球もキレも悪かったけれど、フォークはまぁまぁコントロールできていたし、スライダーもちょっと曲がりが大きすぎる気がしたけれど、なんとか使えそうだった。

小林は、菅野や山口といったジャイアンツのトップの2人とバッテリーを組んでいるのだから、調子が悪いときでも、もう少しなんとかしてあげてほしい。菅野や山口が調子がよければ、2軍のキャッチャーだって抑えられるさ。

VP・・・坂本勇人

唯一のマルチヒット。坂本が調子がいいのだから、1番打者が出塁すれば、得点力がぐっと上がるのだけれど、このヤクルト3連戦は1番のスタメンが全然だめだった。初戦の重信3-0(途中出場の陽は3安打)。2戦目の山本4-0。3戦目の重信5-0。安打だけでなく四球もなかった。

次の阪神戦は、重信で行くのか? 山本で行くのか? それとも増田か? あるいは田中俊太か?
坂本の前を打つ1番打者に注目したい。

絶対勝つぞ!ジャイアンツ!

連戦は

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す