2019年04月21日

阪神-巨人 6回戦

甲子園

T 0  ―  G 3

阪神がミスで自滅。巨人は今季阪神戦負け無しの6連勝で首位浮上!

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
巨人 0 0 0 1 0 0 1 0 1 3
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
投手リレー
G:メルセデス-中川-クック
T:西-ジョンソン-ドリス

阪神は勝負どころでのミスが響き自滅

平成最後の伝統の一戦は、3-0で巨人が阪神を下し、阪神戦の連勝を6に伸ばし、セ・リーグ首位に躍り出た。
メルセデスと西の投手戦となったこの試合。勝利したジャイアンツのメルセデスよりもタイガースの西の方が調子は良かった。
しかし、タイガースは要所でミスが出てしまった。

4回表の木浪の野戦からの糸原の悪送球での1点目、9回表の梅野の悪送球からのドリスのワイルドピッチの3点目は明らかな守備の乱れからの失点だったけれど、もっとも大きかったのは7回の2点目。ジャイアンツの山本泰寛がタイムリー3塁打を打った場面だ。

この回は1アウトから6番のゲレーロが2塁打で出塁(→代走・重信)、7番大城が三邪飛でランナーを進められず、8番の山本を迎えた。
どう考えてもここは、山本敬遠、メルセデス勝負だ。もちろんメルセデスに代打が考えられる場面でもあるけれど、メルセデスの調子とジャイアンツの中継ぎ陣の不安定さを考えれば、タイガースにとってはメルセデスを代えてもらえればむしろありがたいケース。

山本を歩かせなかった時点で、ラッキーと思った。
結果、ジャイアンツは貴重な追加点を挙げ、しかもメルセデスをあと1イニング投げさせることができた。

好投手西からタイムリーを打った山本は当然称賛すべきだけれども、7回の1点はタイガースベンチの采配ミスだと言える。

終盤はジャイアンツも攻撃でミスが出る

タイガースは守備でミスをしたが、一方のジャイアンツも終盤の攻撃でミスをしている。
8回表、坂本のライト前ヒット、丸のセフティバントでノーアウト1・2塁とした巨人の攻撃。原監督はビヤヌエバにバントを命じた。どうしても1点が取りたい勝負どころでは、4番だろうがバントのサインを送るのが原采配だ。残念ながらビヤヌエバはこれに応えられなかった。結果は1-5-3のダブルプレー。相手がタイガースでなければ試合の流れが変わってしまう攻撃だった。

また、9回表は亀井がエラーで出塁、続く重信がヒットで続き、ノーアウト1・2塁。ここで代打田中俊太が、バントのか前からストライクボールを見逃して、2塁ランナーの亀井が牽制死。1・2塁のバントは3塁がフォースプレイだから、2塁ランナーはスタートが大事だ。打者はストライクボールはバントしなければいけない。これは田中俊太のミスといえる。
阪神のミスで得点が入ったものの、これも試合の流れを変えかねない攻撃だった。

このところ田中俊太は精彩を欠いたプレーが目につく。ライバルの山本が活躍しているだけに、田中俊太はここが頑張りどころだ。

巨人は8回表、9回表のようなミスを減らして、確実にランナーを進める攻撃をしてほしいものだ。

ジャビッ党が選ぶこの日のMVP

7回無失点のメルセデスで決まりだ。
中川以外の中継ぎに不安がある中で、7回まで投げてくれたのはありがたい。次回のピッチングも期待できそうだ。

4月23日からは前回負け越しているヤクルト戦。勝ち越して、GWに向けて勢いをつけたい。
絶対勝つぞ!ジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す