巨人が今季初の0封勝利!スタメン起用の石川が決勝2ランで阪神に連勝

2019年04月20日

阪神-巨人 5回戦

甲子園

T 0  ―  G 2

チーム123456789R
巨人0200000002
阪神0000000000
投手リレー
G:ヤングマン-クック
T:岩貞-ジョンソン-ドリス

石川慎吾のダイナマイト弾で阪神に連勝!

甲子園3連戦の初戦を12得点で大勝したジャイアンツは、先発にヤングマンを立てて連勝を狙う。スタメンマスクは昨日4安打の小林ではなく、炭谷。
阪神は左の岩貞が先発ということで、2番の丸以外は右打者を並べた。注目は6番ライトでスタメン出場した石川慎吾だ。

春季キャンプ中に石川慎吾、北村拓己が巨人沖縄1軍キャンプに合流。彼らの当面のライバルは誰だ!?で石川慎吾の当面のターゲットは陽岱鋼と書いたのだけれど、その陽岱鋼を差し置いてのスタメン奪取。石川慎吾がこのスタメン出場の期待に応えた!

2回表、四球のゲレーロを1塁において、石川慎吾がセンターへの2ランホームランを放つ。ダイナマイトシンゴ弾だ!

この試合は、ヤングマン、岩貞両先発の投げ合いとなり、結局石川の2ランが唯一の得点で、2-0でジャイアンツが勝利した。
ジャイアンツは対戦相手を0封した試合は今シーズン初めて。スタメンマスクで2連敗していた炭谷もほっとしたことだろう。

ジャビッ党が選ぶこの日のMVP

8回を無失点と好投のヤングマンにMVPを与えるべきなのかもしれないけれど、ジャビッ党としては、陽より石川を推していただけに、石川慎吾をこの日のMVPに選びたい。
石川は5回にもヒットを放っており、この試合で唯一人マルチヒットを打ったことも評価したい。

石川慎吾のスタメン起用については吉村コーチが強く推したと原監督がインタビューで応えており、吉村コーチのファインプレーだと言えよう。
選手だけでなく、コーチ陣もこうやって褒めてモチベーションを上げるというのも原監督らしい人心掌握術といったところだ。
この調子で甲子園でも阪神を3タテしたい。

明日も勝つぞ! ジャイアンツ!

スポンサーリンク
試合レポート
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました