ジャビッ党が勝手に選ぶ、ジャイアンツ2019年3・4月度MVP

山本泰寛は吉川尚輝不在のセカンドのポジションを狙う 巨人を語る

順当に考えれば3・4月度MVPは山口と坂本

平成最後のプロ野球となった2019年、3・4月度。ジャイアンツは首位で4月を終え、課題を抱えながらも良いスタートを切れたのではないかと思う。そこで、3・4月度の投打の月間MVPを選んでみたい。

普通に考えたら、投手では4勝0敗の山口俊。野手では1ヶ月間全試合で出塁を果たした坂本勇人を選ぶべきだろう。実際、2人がいなければ首位で4月を負えられることはなかったと思う。でも、ちょっと斜めから試合や選手を評価するのがジャビッ党。主力の2人をかんたんに選びたくはない。

そこで、ポイント集計という方法を取ることにした。
ジャビッ党では、今シーズンから毎試合ゲームレポートを掲載している。そのなかで、勝った試合ではその日のMVP、負けた試合ではその日のVPを選んでいる。選出基準は僕の独断と偏見。そんなMVPをとVPを集計して、3・4月度の月間MVPを選んでみたい。勝ち試合に貢献したMVPは3ポイント、負け試合だけどがんばったVPは1ポイントとして集計した。

ジャイアンツ3・4月の成績 16勝10敗

MVP獲得数
2回・・・山本、小林
1回・・・今村、高橋、山口、メルセデス、石川、阿部、ビヤヌエバ、菅野、岡本、丸、吉川尚、中川、ゲレーロ

VP獲得数
2回・・・丸、岡本
1回・・・亀井、中川、森福、ビヤヌエバ、阿部、菅野

合計ポイント
6ポイント・・・山本、小林
5ポイント・・・丸、岡本
4ポイント・・・菅野、中川、ビヤヌエバ

2019年3・4月MVP(野手)・・・山本泰寛

ポイント数では小林と同数だったけれど、小林は1回は山口とのバッテリーとしてMVP獲得なので、実際は1.5回という考えで、山本を選出。
4月は吉川尚輝離脱の穴をしっかり埋めてくれた。5月も継続して、攻守で役割を果たしてほしい。

2019年3・4月MVP(投手)・・・中川皓太

ポイントでは菅野と同数だったけれど、エース菅野はもうちょっと活躍してほしい存在。中川は崩壊中のブルペン陣のなかにあって唯一無失点を継続中の頼れる存在だ。
ジャビッ党では「2019年 巨人の左のセットアッパーは? ポスト山口鉄也問題」で、ポスト山口には「コントロールが悪い」という評価をしており、吉川光夫に次ぐ候補として戸根と並んでいた。今シーズンは格段に制球力が上がっており、あらためてお詫びして訂正したい。

接戦が続くと中川への負担も大きくなるが、コンディションを整えて、なるべくベストに近い状態でマウンドに上がってほしいものだ。

5月はどんな選手が活躍するか楽しみだ。

スポンサーリンク
巨人を語る
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました