坂本勇人の2本塁打と高橋優貴の好投で巨人がDeNAに快勝!

2019年05月06日

DeNA-巨人 7回戦

横浜スタジアム

De 2  ―  G 10

チーム123456789R
巨人30500000210
DeNA0000101002
投手リレー
G:高橋優-アダメス-高木
De:東-赤間-武藤-笠井

坂本が2本塁打、打線は11安打で10得点

広島では、好機であと1本が出ず0勝2敗1分だったジャイアンツ打線は下降気味だ。原監督は打線のテコ入れとして、得点圏打率が低いゲレーロ、ビヤヌエバ両助っ人2人を同時に2軍に落とした。先日、ストレートを狙い撃ちされた畠も抹消し、代わりに北村、マルティネス、アダメスの3人を昇格させた。結果が出なければ、外国人選手でも容赦しない、実力主義の辰徳ジャイアンツ。打線に緊張感を与えた一手は、一気に活性化させた。

前日、1番に抜擢された増田に代わり、この日の1番は山本。増田にスタメンを奪われた反骨心を打席で見せてくれた。第1打席、技ありのセンター前ヒットで出塁し、続く坂本の2ランホームランで先制のホームを踏む。山本は第3打席でタイムリー、第5打席でライトへの2塁打と猛打賞の活躍を見せた。いずれもホームを踏んでおり、さらに盗塁も1つ決めている。1番打者として100点満点の結果を出してくれた。

坂本は第1打席で先発東の甘く入ったボールをホームランすると、第3打席ではインハイのストレート(キャッチャーは外角要求の逆球)を超一流の内角打ちでレフトスタンドへ運ぶ、今シーズン初の1試合2ホームラン。ベイスターズのソトを抜いて、セ・リーグのホームランランキングトップに躍り出た。

昨年、5つも勝ち星を献上した苦手東を攻略したジャイアンツは、丸、亀井、坂本を早々に下げて休ませる。この日1軍昇格のマルティネスや北村など控えの選手にチャンスが与えられたが、中盤は得点を奪えない。このまま追加点なしか、とちょっぴり残念に思っていたところに、重信がダメ押しの1号2ラン!昨年から打撃でも結果を出している重信が最高のアピールをして試合を締めた。

広島での代打でのヒットに続き、チャンスの場面でのホームラン。山本もよかったけれど、重信の1番スタメンも見てみたいところだ。

山本、重信、増田、巨人の1番打者争いが面白い。

前回の反省点をしっかり修正してきた高橋優貴

前回登板で、2つ四球の後に3ランホームランを浴びて敗戦投手となった高橋優貴は、前回とは見違えるようなピッチングを見せてくれた。ボールが低めにコントロールされ、右打者の内角へのストレートにもキレがあった。4月30日の登板のときは投げた瞬間ボールと分かる投球が多かったが、そういったボールはかなり少なかった。結果、7回5安打2四球2失点。序盤に大量援護があったとはいえ、先発の役割を十分に果たしてくれた。

8回は1軍に昇格してきたアダメス、9回は高木がベイスターズを0点に抑え、ジャイアンツは10-2で快勝した。

アダメスがどこまで使えるか、まだわからないけれど、アダメスにとっては千載一遇のチャンス。ここで1軍にしがみつかなければ、クックやマシソンが戻ってからでは、次はないかもしれない。マウンドでハングリー精神を出してほしいものだ。

ジャビッ党が選ぶこの日のMVP

MVP・・・坂本勇人

第1打席のホームランで、開幕からの連続出塁を32試合に伸ばし、長嶋茂雄に並び球団2位タイ。第3打席のホームランで、通算安打数は高橋由伸の1753を超え1754本に。文句なしのMVPだ。

移動日を1日挟んで新潟でのDeNA戦もしっかり勝って首位固め。
絶対勝つぞ!ジャイアンツ!

スポンサーリンク
試合レポート
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました