原辰徳監督

2019辰徳ジャイアンツの開幕オーダーは準国産打線か!?

先発の布陣は強力だが、ブルペンに不安

2019年プロ野球オープン戦。ジャイアンツは10勝6敗の4位とまずまずの成績で、ペナントレースを迎える。
原監督はすでに開幕2カードまでの先発投手と1番から5番までのオーダーを公表している。

2019ジャイアンツ開幕ローテーション

菅野―ヤングマン―畠―山口俊―メルセデス―高橋優

春季キャンプではほとんど話題に上がらなかった、畠が「一発快投」でローテーションの一角に食い込んだのは評価できる。
ヤングマンはおそらく開幕2戦目で投げた後、登録を抹消し、次のカードでメルセデスを登録することで、ゲレーロとビヤヌエバ両野手を1軍においておける。オープン戦で結果を残した今村は、3カード目の先発がありそうだ。

先発陣を見ると、2軍には田口や澤村、高田、大竹らも控えており、ローテーションで誰かが調子を落としても、すぐに取って代わることができる。12球団屈指の先発陣と言えるだろう。

問題は、ブルペンだ。

どうなる?2019ジャイアンツの勝利の方程式で、ジャビッ党がクローザーとして推した坂本工宜は、オープン戦の最後の最後で実力不足を露呈。変化球が全体的に高く、打ち込まれてしまった。
開幕は2軍スタート。もう少し変化球の精度を高めて、夏場までには上がってきてほしい。

ベテランの上原も「もう少し球速がほしい」との理由で2軍スタート。
吉川光夫も最後に打たれてしまった。

結局、クイックや牽制球に不安を抱え、コントロールもやや不安、球は速いが三振は奪えないクックに頼らなければならない。

オープン戦では打たれなかった大江は、まだ未知数。開幕したとたんに坂本工のようになる可能性もあり、過度な期待は禁物だ。
現状では、戸根と宮國に期待したい。

2019ジャイアンツ開幕直後のブルペンスタッフ

※投手12人うち先発6人と想定 

クック(右)、吉川光(左)、大江(左)、戸根(左)、宮國(右)、今村(左)

最初の2カードは先発要員の今村を中継ぎ待機させる可能性が高い。
ロングリリーフの想定であれば、野上を使ってもいいと思う。

大城が小林・炭谷と同じスタートラインに!

開幕戦の対戦相手広島は、先発が右の大瀬良。巨人が菅野ということを考えると、開幕戦のオーダーはほぼ決まりだろう。

2019ジャイアンツ開幕戦予想スタメン

1番セカンド 吉川尚輝
2番ショート 坂本
3番センター 丸
4番ファースト 岡本
5番ライト 陽
6番レフト 亀井
7番サード 田中俊
8番キャッチャー 小林
9番ピッチャー 菅野

これを見ると外国枠の野手抜きのオーダーということになる。いわゆる準国産打線だ(陽は日本人扱いだが台湾人なので)。
2戦目以降は亀井の所にゲレーロ、田中俊のところにビヤヌエバの起用もあるだろう。

阿部慎之助を代打で置いておく目途が立ったので、亀井を先発で起用できる。
レフトのポジションは1年間ポジション争いが続くことになりそうだ。

注目のキャッチャー争いは、1人に絞り込めず、小林、炭谷、大城の3併用ということになった。
春季キャンプ2軍スタートの大城が、オープン戦で結果を残し、FA加入の炭谷、侍JAPANの小林と同じスタートラインに並んだのだから大したものだ。

打撃だけならば、クリーンアップを打ってもおかしくない実力者だけに、先発マスクの試合で高い勝率を残せば、レギュラーキャッチャーも夢ではない!
ジャビッ党は大城をイチオシしたい。

2019ジャイアンツ開幕当初のベンチ入り野手

※29人のうち17人と予測

捕手 小林、炭谷、大城
内野手 岡本、吉川尚、坂本、田中俊、ビヤヌエバ
外野手 陽、丸、亀井、ゲレーロ
代打要員 阿部、中島
代走守備 吉川大、立岡、山本

捕手登録の選手が4人ベンチ入りすることになるが、慎之助はしばらくは代打専門。
今年からベンチ枠が28人から29人になったのが大きい。

中島は右の代打要員。
代走は吉川大、立岡だが、立岡の代わりに、オープン戦でホームランも放ち、打撃でもアピールできた重信が入っても面白い。
内野のバックアップ要員は山本。打撃優先ならば北村や和田恋の昇格もありそうだ。

東京は桜が満開!
ジャイアンツも満開の開幕スタートといきたいものだ。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

“2019辰徳ジャイアンツの開幕オーダーは準国産打線か!?” への1件のコメント

コメントを残す