2019年05月05日

広島-巨人 8回戦

マツダスタジアム

C 3  ―  G 3

9回2死から坂本が同点打!延長戦を宮國、野上、田口が抑え価値ある引き分け

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 101112 R
巨人 1 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 3
広島 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3
投手リレー
G:山口俊-田原-戸根-中川-宮國-野上-田口
C:中村祐-中村恭-レグナルト-一岡-中崎-菊池保-フランスア

ジャビッ党推奨の1番・増田大輝が実現!

1番・増田キターーー
試合前のスタメン発表で、早くもテンションMAX状態。というのも、ジャビッ党では以前から1番増田大輝を試してほしいと提案していたからだ。原監督がこのブログを見てくれているというわけではないだろうけれど、試合前からHappyなオーダーだ。

結果として1番・増田大輝は4打席で、右飛、中飛、右飛、右飛と出塁できなかったけれど、内容はそれほど悪くなかった。何より2番・坂本が2安打、3番・丸が3安打、4番・岡本が2安打と、後ろがつながって機能し始めた。しばらくはこの打順を続けてほしい。

打線に関しては、5番以降でチャンスに1本が出なかった。カープ先発の中村祐は良くなかったので、あとひと押しできれば、一気に突き放せる場面が何度かあっただけに残念。同点の場面の4回途中で、中村祐を降板させた広島・緒方監督の素早い決断を褒めるべきかもしれない。

現在、ライトとレフトは、亀井、ゲレーロ、陽、石川がスタメン争いをしているが、ちょっとゲレーロは厳しいか。陽は打撃にムラがあるけれど、この3連戦で見せた守備は流石。

ここへ来て、ジャイアンツ打線全体が下降気味だと考えていい。しばらく4月ほどの得点は期待できないかもしれない。ならば守備重視でスタメンは陽がいいかもしれないい。また、同点のホームを踏んだ重信の代打でのヒット、次打席の進塁打も評価できる。打線の繋がりが悪いときは足を使った攻撃も有効なので、重信スタメンもありかもしれない。

中継ぎ陣が全員無失点のキセキ!

マツダでの3連戦、ジャイアンツは1つも勝つことができなかった。けれど、最悪の3タテはくらわなかった。
この試合、限りなく勝ちに近い引き分けだと評価していいだろう。

攻守にわたるカープのミスに助けられた面もある。
9回無死1塁で打った慎之助のショートゴロは、田中広輔がハンブルしなければ併殺だったろう。7回裏の1死3塁での上本の盗塁失敗にも助けられた。あそこは無理してスタートする場面ではなかったのだから。そして10回裏、無死1塁での野間のバント失敗の併殺。これも助かった。

何はともあれ、不安だったブルペン陣がこの試合無失点で抑えられたことは大きい。中川、戸根、田原はある程度計算できるが、宮國、野上はまだ信頼できるほどではない。結果として抑えられたからオーケーだ。

12回の田口登板は意外だった。中継ぎ要員での昇格という報道だったけれど、高木京介かなと思っていたからだ。高木京介の無敗記録が少し気になっているのかもしれない。本人も固くなってしまうかもしれないし。それで1軍昇格、即シビれる場面での登板となったのかもしれない。

この日の田口はMAX148キロのストレート。先発のときは140キロ前後だけに、1イニング限定ならばこんなに速いボールを投げられるんだと思った。あと、マウンド上での顔つきがよかった。中継ぎが不安なだけに、しばらくは後ろで使っても面白いかもしれない。

課題としては、小林のリード。
12回裏は、もう少しインコースのストレートで押してもよかった。インコースのストレートは147キロとか148キロ出ていたけれど、外角低め要求は、田口の腕が緩むのか、141キロとか球速が落ちていたし、変化球はうまくアジャストされそうな感じだった。

また、ランナーがいる場面で2回ほどウエストしたのだけれど、5回のウエストは不要だったと思う。
代打で先頭の長野が出て、ノーアウト1塁の場面。バッターは1番の野間だ。

1球目・バント空振り
2球目・バントファウル
3球目・ファウル
4球目・ボール
5球目・ボール

カープはランナーを2塁へ送りたい。2-2の平行カウントならばエンドランがあるかもしれない。というのは分かる。
でもここで外すと、フルカウントになってしまうし、3-2ならば自動的にランナーをスタートさせる可能性が高い。四球ならば最悪だ。そしてランナーは長野だ。ここ近年の長野はすっかり盗塁できなくなっている。小林の肩ならば、わざわざウエストしなくても刺せる走者だ。

結果として、カウントは3-2となり、次の7球目はランナーが自動スタート。投球はフォークをストライクゾーンに投げて高いバウンドのショートゴロでランナーが進塁した。

野間はランナーなしの2打席目に低めのフォークを空振り三振していて、小林としては三振ゲッツーを狙ったのかもしれない。でも、ランナーなしフルカウントのフォークと、ランナー1塁でのフルカウントのフォークでは投手の気持ちが違う。あの場面で空振りを狙いのフォークを投げろというのはちょっとキツい。

結果論で片付けたくないと思った小林のリードだった。

ジャビッ党が選ぶこの日のVP

VP・・・坂本勇人

3回に同点ホームラン、9回に同点タイムリー打った坂本で文句なしだろう。9回2アウト2塁、守護神中崎から打った同点打は価値がある。

GWはの10連戦、5月5日までジャイアンツは4勝4敗1分。明日のベイスターズ戦を買って、10連戦を勝ち越したい。
絶対勝つぞ!ジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す