高橋優貴も5回もたず。疲労が溜まってきているのか投球フォームが崩れていた

2019年05月30日

巨人-中日 10回戦

東京ドーム

G 3  ―  D 7

チーム123456789R
中日103200107
巨人100011003
投手リレー
D:柳-岡田-谷本ーロドリゲス-マルティネス
G:高橋優-桜井-田原-池田

ヒーローになりそこねた大城

この試合のポイントは3-6でドラゴンズ3点リードで迎えた7回裏だった。2アウトから坂本、丸が連打で出塁。なかなか調子の上がらない4番岡本もなんとか四球でつなぎ、2死満塁で打席は5番の大城。

大城は前の打席で2試合連続となるホームランを打っており、ライトスタンドの期待も高まる。ここで満塁ホームランならば大逆転だし、タイムリーでも試合の流れは大きく変わる。ピッチャーは谷元。攻めきるならここしかなかった。カウント2-2からの6球目のフォークボールを引っ掛けてセカンドゴロ、チェンジ。

ここで1本打てれば、今シーズンの5番は大城で確定したかもしれないような場面だった。大城はヒーローになりそこねた。

ホームランにできるような甘い球はなかったし、谷元がしのいだというシーンだけれど、4球目のフォークをファウルしたように、6球目のボールはカットしてほしかった。まだ、そこまでの技術が大城にはなかったということだろう。

高橋優貴もお疲れモードか。

昨日のヤングマンに続き、高橋優貴も5回を投げきることができずに降板。高橋の場合は、ルーキーということで、疲れが出てきているのではないかと思う。心なしか腕の振りも鈍いみたいだ。

ちょっと気になったので、4月4日のピッチングと比べてみた。

たぶん、どちらもスライダーだと思うのだけれど、5月の投球の方が明らかに肩の位置が高い。下半身が粘れず、沈みきっていないのだろう。また、リリースのタイミングもずれている。体の開きも若干早いように見える。

次回までに修正できるといいのだけれど…。

ジャビッ党が選ぶこの日の戦犯とVP

戦犯・・高橋優貴

5回の2本のホームランがやっぱりいかんよね。下半身の粘りがないように思うから、次の登板までにしっかり走り込んでもらいたい。

VP・・・大城卓三

2試合連続のホームランは見事だったけれど、7回になんとかしてほしかったというのが正直なところ。バッティングの調子は上がってきているみたいだから次に期待したい。

明日からは6月、月が変わって流れも変えたい!
明日は勝つぞ! ジャイアンツ!

スポンサーリンク
試合レポート
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました