2019年07月16日

ヤクルト-巨人 13回戦

神宮

S 3  ―  G 6

山口俊が10勝目。リリーフ陣も形ができて、巨人が両リーグ最速で50勝到達

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
巨人 2 1 0 1 0 0 1 1 0 6
ヤクルト 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3
投手リレー
G:山口俊ー田口ーマシソンー中川
S:高梨-梅野-清水-大下-久保

岡本のホームランでチームの勢いがさらに加速

このところ打点がなかった4番・岡本和真。「外角が見えていない」と心配していたけれど、今日は甘い球をきっちり捉えて、先制の2ランホームランを放った。

スタメンで最年少の「岡本さん」は愛されキャラ。その岡本さんが打ったのだから、負けるわけにはいかない。

2回にはスクイズを決めて3-0とするが、先発の山口俊が3回裏に連打を浴びて同点とされてしまう。でも、逆転までは許さない。すると、すぐに亀井が勝ち越しのタイムリーを打ってジャイアンツが再びリード。

7回に亀井の2日連続となるホームラン、8回には小林のダメ押しタイムリーが出て、スワローズを突き放し、6-3でジャイアンツが連勝を5に伸ばして、両リーグを通じて50勝一番乗りを果たした。

リリーフの形がほぼ決まった

先発の山口俊はストレートもそれほどキレていた感じじゃなかったし、決して絶好調ではなかったけれど、失点を3回の3点だけに済ませたのはさすが。与えた四球が1個だけだったというのも大きい。コントロールが安定していると、多くずれしないよね。

山口俊は7回2アウト、打者青木というところでお役御免。左打者のワンポイントとして田口が登板して、きっちり抑えてくれた。

田口が後ろで安定してくれたことで、終盤のリリーフ陣の形がほぼ決まったと言っていい。

2019年ジャイアンツの夏のブルペン陣容

9回 中川皓太(左投)
8回 マシソン(右投)
7回 デラロサ(右投)&田口麗斗(左投)
接戦の終盤 澤村拓一(右投)&大竹寛(右投)
中盤、ビハインドゲーム 鍵谷陽平(右投)&大江竜聖(左投)

7~9回を右2人、左2人の4人でまわすことで、誰かを休ませることができる。

大竹や澤村を6回から、場合によっては5回から使えるとなると、先発も飛ばしていける。

後ろが盤石になれば、メルセデスや今村といった6回以降に崩れる傾向がある先発も、早めにスイッチしていけるので、勝ち星は増えていくはずだ。

ジャイアンツは7月はここまで10勝1敗という驚異的なペースで勝っているけれど、広島だって5月は月間20勝という記録を残しながら、6月に失速しているので油断は禁物だ。

気を緩めずにしっかり勝ち星を積み重ねていきたい。

ジャビッ党が選ぶこの日のMVP

MVP・・・亀井善行

昨日も2安打1ホームランでMVP候補だったけれど、今日は3安打1ホームランで文句なく亀井。ベテランだけれど、これまでのプロのキャリアで規定等打席に到達したのは、わずかに2回。本人は休みたくないんだろうなぁ。

とはいえ、故障離脱が一番痛いので、週に1・2試合くらいはスタメンを外して休ませてほしい。陽も調子がいいし、重信、立岡も状態はいいからね。

明日はメルセデスが先発。どこまで連勝が伸ばせるか? 広島の月間20勝にぜひチャレンジしてほしい!
明日も勝つぞ!ジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す