2019年05月30日

阪神-巨人 10回戦

甲子園

T 5  ―  G

またもヤングマンが試合を作れず。終盤は鍬原や宇佐見を試す捨て試合に。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
巨人 0 2 0 0 0 0 0
阪神 0 0 0 1 0 2 × 5
投手リレー
G:ヤングマン-田口-高木-鍬原
T:高橋遥-ジョンソン-ドリス

甲子園で連敗。阪神相手に平成に6連勝したジャイアンツだけれど、令和になってからタイガースに4連敗。ぱたりと勝てなくなった。

ヤングマンはローテから外されるだろう

原監督が割と早めに試合を捨てた。7回裏、ノーアウト3塁で高木京介が犠飛で1点を失い5−2と阪神のリードが3点になったところで、目先の勝利を諦めて、お試しもーどに切り替わった。続く打者が左の糸井で、左腕の高木をあえ引っ込めて、鍬原をマウンドに上げた。

ノーランナーだけれど、3番4番と続く打順。鍬原がどこまで投げられるのか見たかったのだろう。8回表も代打に宇佐見を送り、打席を経験させた。

考えてみると、この試合そのものが、今後ヤングマンが使えるかどうかの最終テストだったような気がする。

この日のヤングマンもやっぱり5回持たなかった。相変わらず、突然制球は乱れるし、ランナーを出すと走者にとってはグリーンライト。四球やシングルヒットが2塁打になる。炭谷の盗塁阻止率はヤングマンのせいで、ぐんぐん下がる。

さすがにもういいだろう。ヤングマンが先発の役割を果たせる確率は、ナカジの打率と同じくらいの確率だ。次からは田口あたりがローテに入るだろう。

ジャビッ党が選ぶこの日の戦犯とVP

戦犯・・ヤングマン

4タコな上に、5回の守備で糸井の当たりを3塁打にしてしまった丸も戦犯候補だけれど、守備に関しては積極的に前に突っ込んでの結果なので、仕方がない。やっぱりダメなのは試合を作れなかったヤングマン。コントロールもそうだし、クイックも2軍でしっかり練習してきた方がいいと思う。

もっと活躍できるピッチャーだと思っていたのになぁ。。。残念。

VP・・・大城卓三

今シーズン初登板で、1回2/3を1安打無失点に抑えた鍬原も評価したいが、ビハインドの場面での登板だからなぁ。鍬原の課題は制球力。昨年はボールが先行して、ストライクを取りにいった力のないボールを痛打されるケースが多かったので、そこが改善できているか、今後の投球に注目したい。

MVPは2ランホームランの大城を選びたい。岡本の後ろで、コンスタントに打ってくれると、岡本の状態も上がってくるので、ファーストで使うならば、投手の左右に関係なくしばらくスタメンで使い続けてほしい。

5月の負け越しが決ってしまったジャイアンツだけれど、週末の3連戦でしっかり勢いをつけて交流戦に臨みたい。
絶対勝つぞ!ジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す