2019年04月19日

阪神-巨人 4回戦

甲子園

T 4  ―  G 12

小林が4安打で昨年に続き確変モード突入!甲子園で12得点!阪神に大勝

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
巨人 0 3 0 2 1 0 0 6 0 12
阪神 0 0 0 0 0 0 3 0 1 4
投手リレー
G:菅野-戸根-高木-吉川光
T:メッセンジャー-守谷-齊藤-桑原-能見

春先のセイジは打つ!打つ!打つ!打つ!

去年もそうだったけれど、シーズン序盤は小林誠司はよく打つ。
この日は、2回に先制の3ランホームランを含む4安打。1試合4安打は小林のとってプロ入り初めて。甲子園でのホームランも初めてだそうだ。

これで小林は確変モードに入っただろうか?
確変モードで2週間くらい打ちまくって、あとはピタリと当たりが止まるよりも、コンスタントに1試合1本打ってくれる方が巨人としてはありがたいのだが。

小林の打撃に成長の兆し

でも、今年の小林は.250~.260くらいは打てそうな気がする。
素人目に見てもバッティングフォームが変わったのがわかる。
構えたときのグリップの位置が前は頭のあたりの高い位置にあったのだけれど、今は胸のあたりに下がっている。
そして胸のあたりで小刻みに上下させているのだ。

バットの上下運動によって、リラックスした状態からバットがスムーズに出ており、さらに内側からバットが出てきて、コンパクトなスイングになっているように見える。
技術的にレベルが上がったのであれば春先だけに限らず、結果を残し続けられるのかもしれない。

小林誠司のバッティングフォームの比較。2018年と2019年ではバットの位置が明らかに違う

小林誠司のバッティングフォームの比較。2018年と2019年ではバットの位置が明らかに違う

菅野が打線の援護を受けて3勝目

エース菅野がこんなに大量点をもらって投げたことが最近あっただろうか?
7回までに6点を取ったジャイアンツ。菅野は余裕で完封完封かなと思ったのだけれど、6点もあると油断が生じるのか?

7回2アウト1・3塁でルーキーの木浪にプロ1号となる3ランホームランを許してしまう。
ピンチではギアを上げる菅野だけれども、点差と相手打者を見て心の隙があったのだろう。
やっぱり菅野も人間だ。きっと次は更にレベルアップしてくるのだと思う。

高木京介は「負けない」投手

8回、3番手としてマウンドに上がった高木京介。彼はプロ入り以来、未だに敗戦投手になったことがない。
起用される場面が負けている場面だったりすることが多いというのもあるが、運もあるのだろう。
この試合では1イニングで2本の2塁打を打たれながら0点に抑えている。糸井のミスといってもいい走塁に助けられた形だけれど、高木京介の「負けない運」というのをベンチはうまく活用してほしいものだ。

ジャビッ党が選ぶこの日のMVP

坂本も岡本もホームランを打っているけれど、この日のMVPはやっぱり4安打3打点の小林だ。
打つほうが安定してくれば、リードも良くなってくるかもしれない。

明日も勝つぞ! ジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す