橙魂デーにレジェンズシートで観戦してきました。

橙魂ユニフォームとチケット

5月12日は橙魂デー。来場者全員にオレンジのジャイアンツレプリカユニフォームがもらえる日だ。ユニフォームプレゼントの試合は平日に開催されるのだけれど、チケットはすぐに完売してしまうので、なかなか入手できない。今回は、この日の試合のレジェンズシートを購入することができた。巨人と対戦チームOBの生解説が聞けるというレジェンズシートを初体験した。

菅野が中日打線を完封!不振のマギーにもホームラン

中日を東京ドームに迎えた3連戦の初戦となった試合は、菅野が7連続を含む13奪三振と圧巻の投球で中日打線を封じ込め、攻撃では先制、中押し、ダメ押しと理想的な攻撃で6-0と快勝した。

この試合、岡本がはじめて3番に入り、岡本・ゲレーロ・マギーというクリーンアップ。これが見事にハマり、不振だったマギーも4号ホームランを含む3安打猛打賞だった。個人的には岡本3番は大賛成だ。しばらくは岡本を3番で起用し、マギーと慎之助を併用して使ってもらいたい。

菅野智之

3試合連続無失点で中日を完封した菅野【クリックで拡大】

長野久義

先制タイムリーを含む2安打で、今日のヒーローとなった長野【クリックで拡大】

岡本和真

はじめて3番に入った岡本も活躍【クリックで拡大】

吉川尚輝

吉川尚輝のタイムリーで追加点を奪う【クリックで拡大】

マギー

不振のマギーが1ホームランを含む3安打で復調の兆し【クリックで拡大】

Vivaジャイアンツ

この日は先制、中押し、ダメ押しでタオルをぶん回せた。

坂本勇人

坂本はノーヒットだったが、しっかり守った【クリックで拡大】

ジャイアンツ勝利

中日戦の初戦を取り、3連勝となったジャイアンツ。

昔の裏話たっぷりの川口和久&山崎武司のレジェンズ解説

レジェンズシートとは三塁側の内野指定席(結構前の方)で、試合を観ながら、OBの生解説が聞ける(5回まで)チケットだ。しかも弁当付き。この日は巨人のOBが川口和久氏で中日OBが山崎武司氏。川口さんは、選手時代は7割はカープOBってイメージだけれど、1996年のジャイアンツ優勝時は胴上げ投手だったし、原監督時代は投手コーチとしてチームを支えてくれた。

2人の生解説は結構面白かった。昔の裏話なんかが聞けたのでちょっと紹介しよう。

 東京ドームは左投手の方がスピードガンが出ない。

何年か前にスピードガンの位置を変更したらしく、それ以来、左投手のボールは少し遅めに計測されるらしい。

田口のストレートが130キロ台前半ということもあるけれど、本当はもう少し出ているみたいだ。

 川口和久は巨人に入ってからコントロールが良くなった

荒れ球のイメージが強かった川口氏だが、先発で勝てず、ファームで調整していた時に、当時コーチをしていた宮田さんにリリーフ転向を奨められたそうだ。川口さんはコントロールが良くないのでリリーフには向かないと、難色を示したのだけれど、宮田コーチがコントロールが良くなる投げ方を指導したそう。

具体的にはステップ幅を2足分くらい狭め、テイクバックも小さくしてコントロールが良くなった。1996年の胴上げ投手は宮田コーチの指導の賜物といえる。

 松井とのホームラン王争いを制した裏話

1996年、山崎武司氏は松井秀喜とのホームラン王争い制して初めてホームラン王を獲得した。この年、巨人は広島との最大11.5ゲーム差をひっくり返した、いわゆる「メークドラマ」で優勝した年。胴上げ投手は前述の川口さんだ。優勝決定後の巨人との試合前に、山崎さんは星野監督に呼ばれたそうだ。監督室に入ると、その日先発予定の野口茂樹がいたという。

星野監督「ホームラン王、獲りたいか?」

山崎「はい、獲りたいです」

星野監督「よし、獲らせてやる。この試合、松井とは勝負しない。そのかわり先発の野口のためにも絶対打てよ」

山崎「絶対に打ちます!」

しかし結果はノーヒット。翌日、星野監督の鉄拳制裁が待っていたことは言うまでもない。

 スパイクを履かなかったシーズン

2000年のオープン戦で、山崎氏はスパイクを忘れてしまったことがあった。しかし、商売道具であるスパイクを忘れたとなると、星野監督の鉄拳制裁は間違いない。打撃練習中に星野監督にスパイクを履いていないことを尋ねられ、「今年は思うところがあって、スパイクを履かないで打とうと思っているんです」と答えた。そしてその日のオープン戦で3安打してしまい、引っ込みがつかなくなる。

結局この年は、スパイクを履かずに出場を続け、打率.311を記録。しかしホームランが18本に減ってしまったため、翌年から再びスパイクを履いたという。

山崎武司と川口和久

中日・オリックス・楽天で活躍した山崎武司氏(左)と広島・巨人で活躍した川口和久氏(右)

レジェンズシートは、抽選で試合後にグランドに降りて、勝った場合はその日のヒーローとハイタッチができる可能性もある。弁当も付くし、なかなかいい席なのだけれど、値段が1万5,800円とかなり高いのがネック。せめて1万円くらいにしてほしいと思う。

期間限定視聴料等2000円分プレゼント!スカパー!簡単申込

スポンサーリンク
試合レポート
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました