2019年07月17日

ヤクルト-巨人 14回戦

神宮

S 5  ―  G 4

早めの継投が裏目に。坂本の2打席連続ホームランも空砲で巨人は連勝ストップ

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
巨人 0 0 0 1 0 3 0 0 0 4
ヤクルト 1 0 0 0 4 0 0 0 X 5
投手リレー
G:メルセデス-大江-澤村-デラロサ-田口
S:山田大-梅野-近藤-ハフ-マクガフ

早めの原采配が裏目に

1-1の5回裏、1・2番に連打を許し、ノーアウト1・2塁となったところで、原監督は先発のメルセデスを諦めた。

次の打者は左の青木、さらに4番も左の村上と左打者が続くところでも左腕のメルセデスをマウンドから降ろした。ここまで8安打。確かに調子は悪かったけれどね。早め早めの原采配だから、珍しいことではないのだけれど、今日はこれが裏目に出た。

2番手は左腕の大江だったけれど、まだ荷が重い場面だったかな。

2ボール1ストライクから、カウントを取りに来た甘いストレートをしっかり青木に捉えられて、3ランホームラン。続く村上を三振にしたが、5番のバレンティンにまたホームラン。完全に力負け。

ジャイアンツにしてみれば、授業料を払ったと思うしかないだろう。大江は今日の悔しさを糧に、もっと制球もボールのキレも磨いてほしい。

阿部の代打が早かったかな?

ジャイアンツの原監督は、メルセデスを早めに降板させた継投が裏目に出たけれど、スワローズの小川監督は、逆に先発の山田大樹を引っ張って失敗した。

6回表のマウンドに上る前、山田大樹はどこかを痛めたのか、一度ベンチに下がって再度マウンドに上っている。先頭の若林に2塁打を打たれた時点で代えてもよかったと思う。おかげで、坂本が2打席連続となる28号2ランを打てたんだけれど。

結局、山田大樹はここで降板。こういう隙を見せると、今のジャイアンツは一気に攻め立てる。

代わった梅野から、丸が四球で出塁すると、続く岡本がセンター前ヒット。ここで、丸が3塁に好走するのだけれど、岡本も2塁を狙ってタッチアウト。これが痛かった。積極的な走塁だから責められないけど、続く5番の陽も四球だったから、岡本がアウトにならなければ、一気に逆転できたかもしれない。

6番ビヤヌエバのところで、代打亀井。1アウト1・3塁でレフトフェンス際に犠牲フライで1点差。2アウト1塁、7番中島のところで、原監督は代打に阿部慎之助を送る。

この代打、まだ6回だっただけに早かったかな。代打で出すのだったら、そのまま1塁の守備に入れてもよかったかもしれない。

結局、9回表、1アウト3塁の場面で、6回裏から守備で出ていた山本に回ってしまう。この時点でベンチに残っていたのが、小林、炭谷、立岡の3人。早めに駒を使いすぎて、終盤に手駒が足りないということになってしまった。

ま、結果論だけど。

早め早めの原采配は、裏目に出るとこうなるってことだよね。

ジャビッ党が選ぶこの日の戦犯とVP

戦犯・・・大江竜聖

そもそも、先発のメルセデスが試合を作れなかったのが悪いし、ノーアウト1・2塁で青木という場面でマウンドに送り出した監督が悪いのだけれど、ホームランは想定外だったよね。青木、村上だったから、1点はしょうがないと思っていたはず。青木、村上で2人でアウト1つ。失点が1点だったら、バレンティンのところは、別の投手に代えていただろう。やっぱあのホームランは痛すぎだね。

VP・・・坂本勇人

空砲になっちゃたけれど、27号、28号の2打席連続ホームランは見事。7月中にあと4本打って、キャリアハイを更新してほしいね。

明後日からはマツダスタジアムで広島との3連戦。

交流戦から絶不調のカープだけれど、この絶不調状態のカープとジャイアンツは1度もやってないんだよね。それがかえって気持ち悪い。
とにかく、マツダスタジアムでは3連敗しないことと、菅野が大量失点とか、リリーフ陣で逆転負けとか、変な負け方をしないこと。

もちろん勝ち越せればOKだし、3連勝なら万々歳だ。

絶対勝つぞジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す