2019年04月17日

巨人-広島 5回戦

熊本

G 4  ―  C 5

早くも崩壊ピヨピヨ方程式。クックが2点差を守れず逆転負け

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
広島 0 0 1 0 0 0 1 0 3 5
巨人 2 0 0 0 0 0 0 2 0 4
投手リレー
C:野村-一岡-フランスア-中崎
G:高橋優-田原-吉川光-宮國-中川-クック

巨人ファンにとっては想定していた敗戦

あぁ~あ、やっちまったなぁ~。
ジャイアンツ1点ビハインドの9回裏、1アウト1塁・2塁で陽の打球は、名手菊池の元へ。
4-6-3のダブルプレー完成でゲームセット。

こういう場面での陽は、長打で一気にサヨナラか、あるいはゲッツー、もしくは三振の三択だと思っていた。
想定していた結末といえば結末。

その前の9回表、クローザーのクックが2点のリードを守り切れず、3点を奪われる。
これも想定内…、というか、いつかこうなるんじゃないかと巨人ファンはみんな思っていた。
それが4月に来ただけ。

もともとランナーを置いた場面でのクックは、
1.クイックができない
2.牽制が下手
3.コントロールが乱れる
4.イライラする
と、外国人投手によくある欠点をみんな持っている。

やっぱり接戦で投げさせるのは怖いクローザーだ。

だからといって、他に任せられる投手もいないから頭が痛い。
ピヨピヨ方程式の一角を担うはずの吉川光夫も7回に左の西川に同点打を打たれ、続く田中広輔に四球。
一死も取れずにマウンドを降りた。

ブルペン陣では今の所、中川は結果を残し続けているけれども、他の投手に関しては投げてみなければわからない。
しばらくはブルペンは手探り状態でやりくりしなければならないようだ。

今は打撃陣が好調なので、春先は多少ブルペンが打ち込まれても勝てるような試合展開を作りたい。
若いブルペンに経験を積ませて、交流戦明けくらいまでに、終盤を任せられる方程式に育ててほしい。

この試合で広島が息を吹き返さなければよいが…

この日の試合は、先発の高橋の制球が安定せず、よくまぁ5回1/3を1失点で抑えられたと思う。
去年までのカープだったら、序盤に畳み掛けられて、大差で負けていた試合だと思う。
それだけカープの調子が悪いということだ。ただ、この1勝でガラリと変わる可能性もある。

もともと力のあるチームだけに、歯車が噛み合うと怖い。

それにしても、昨日はカープ、今日はジャイアンツがワイルドピッチで1塁ランナーを3塁へ進ませた。
相手のスキを伺う走塁の重要性を改めて感じた九州2連戦だった。

ジャビッ党が選ぶこの日のVP

この日のVPは、8回に勝ち越しとなる2ランを放った丸で決まり。
丸は前回の3連戦で1本、今回の2連戦で1本と広島戦でヒットが打てていない。
広島が丸の攻略法を知っているという見方もできるけれど、丸の方に広島投手陣のデータが蓄積されていないという見方が正しいと思う。

丸は試合中に丸メモを取って、相手投手のボールの特徴などをデータとして蓄積させている。

週末は甲子園で平成最後の伝統の一戦だ。
2週続けて週末カードは負け越しているので、甲子園は勝ち越して東京へ戻って欲しい。

絶対勝つぞ!ジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す