亀井4打点、高木好リリーフでジャイアンツがライオンズに快勝!

2019年06月12日

巨人-西武 2回戦

メットライフドーム

L 4  ―  G 9

チーム123456789R
巨人1013000409
西武0031000004
投手リレー
G:田口-田原-高木-マシソン-中川
L:十亀-小川-森脇-松本直

亀井の先頭打者アーチで打線が活発に

昨日はライオンズにわずか3安打で完封負けしたジャイアンツ。ジャビッ党は昨日のレポートで「5点がノルマ」とハッパをかけたが、4回までにそのノルマを達成した。

この日は、先頭の亀井がライオンズ先発十亀の2球目をライトスタンドへ運ぶ先頭打者アーチで1点を先制!ふた周り目となる3回からは、打線が十亀のボールを捉えはじめ、3回表には岡本のタイムリー2ベース、逆転された直後の4回表には炭谷、丸のタイムリーで再逆転に成功した。

5-4とジャイアンツが1点リードした中盤は膠着状態になったが、8回に満塁から亀井が走者一掃のタイムリー2ベース、坂本もタイムリーで続き4点を追加して勝利を決定づけた。

田口は打順が1巡りすると打たれる

ジャイアンツ打線は2巡目から十亀を捉えたが、ジャイアンツ先発の田口も2巡目からライオンズ打線につかまった。3回裏2アウトランナーなしで、打順が1番の秋山に戻ると、秋山の長打を警戒したのか、四球を出してしまう。そこから、ライオンズの上位打線からアウトが取れない。4番山川に逆転タイムリーを打たれ、5番森は四球、6番中村剛を打ち取って、なんどかこの回を終えた。

けれども、4回も2アウトから連打を許し、結局2アウト満塁で田口はマウンドを降ろされた。

この日の田口はストレートが内外角にコントロールされていて、調子は良かったほうだと思う。ただ、右打者への外角に変化球が決まらなかった。今日の審判はストライクゾーンが狭めだったこともあるけれど、とにかく外角でカウントを稼げない。3回に打たれた山川の逆転タイムリーなんかは、満塁だし、フルカウントだし、外はストライク取れないしで、バレバレの内角のボールを打たれた感じだ。

田口は打者1巡りまでしか持たない。やっぱり先発では無理なのだろうか?でも、1巡目は抑えられるのだから、巨人はあまりやりたがらない戦法かもしれないけれど、オープナーとして起用してみてもいいかもしれない。

ジャビッ党が選ぶこの日のMVP

MVP・・・亀井善行&高木京介

先頭打者ホームランと8回の貴重な追加点を叩き出した亀井と、5回から3イニングをパーフェクトに抑えた高木京介をMVPに選びたい。

5回、6回と抑えて、7回は左の源田までかなとおもっていたけれど、原監督は続投。楽天戦ではそれで浅村に打たれたが、今日は外崎、山川をしっかりと抑えた。
高木京介はストレート、カットボール、カーブのどのボールもキレていて制球もよかった。カーブで緩急がつけられるから、タイミングも崩せる。とくに初球にカーブであっさりストライクが取れるのが大きい。打者は緩いカーブを狙っていないから、多少甘くても打ってこない。でも、ちゃんと次の打者にはストレートやカットから入るなど、炭谷のリードも冴えていた。

緩急って大事だなと改めて思った。澤村あたりも遅いボールで緩急がつけられれば、もっと楽に抑えられるのになぁ。

明日は、前回登板で好投した桜井。ここでいいピッチングができれば、先発ローテーション定着が見えてくる。
明日は勝つぞジャイアンツ!

スポンサーリンク
試合レポート
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました