2019年04月16日

巨人-広島 4回戦

鹿児島

G 8  ―  C 2

1軍昇格・即スタメンの山本泰寛が2安打と好走塁で追加点の起点に!山口俊は6四球ながらも3勝目

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
広島 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2
巨人 1 3 0 0 0 2 2 0 0 8
投手リレー
C:ジョンソン-アドゥワ-菊池保-矢崎-中村恭
G:山口-中川-クック

信賞必罰で5人が2軍降格・4人が1軍昇格

東京でヤクルトに連敗したジャイアンツ。対戦が1巡りしたということもあって、開幕からのメンバーを大幅に入れ替えた。
ヤクルト戦で打ち込まれた畠、坂本工宜の両右腕と、もう少し下で修行してほしいと判断された左腕の大江、3人の投手が2軍降格となった。
野手では昨年はずっと1軍にいた、守備と走塁の人・吉川大幾。吉川尚輝の離脱でスタメンのチャンスを貰ったが生かせず降格。
また、主に代走・守備固めで起用されていた立岡も、1軍では1打席しかチャンスがもらえず降格。
合計5人が2軍に降格となった。

昇格してきたのは投手2人野手2人。
投手の1人目は中継ぎでは実績のある田原。安定感もあり、使い勝手もいい投手だ。
もうひとりの投手は、プロ入り以来通算142試合に登板し、未だに負けがないというプロ野球記録を持つ高木京介。
左のワンポイントとして存在感を示してほしい。

野手では、足だけでなく、打撃の成長も著しい重信慎之介と、打撃と守備に安定感が出てきた山本。

原監督は昇格してきた選手はすぐに起用してくれるはずなので、結果を残して1軍定着してもらいたいものだ。

好調な打線が最下位広島を飲み込む

この日から鹿児島・熊本でカープと2連戦。
目下最下位にあえぐカープは今のうちに徹底的に叩いておきたい。2連戦なので、連勝できれば大きい。
週初めの先発は山口俊と小林のバッテリー。広島の先発はジョンソン。この日はキャッチャーを會澤に変えて臨んできた。

ジャイアンツは、1番・坂本、2番・丸の新オーダー。

1番・ショート・坂本
2番・センター・丸
3番・サード・ビヤヌエバ
4番・ファースト・岡本
5番・レフト・ゲレーロ
6番・ライト・陽
7番・セカンド・山本
8番・キャッチャー・小林
9番・ピッチャー・山口俊

相手の先発が左腕のジョンソンということで、丸以外は右打者を並べた。
この打線が初回から機能する。
先頭の坂本がショートへの内野安打で出塁すると、丸が凡退した後、ビヤヌエバが四球。
岡本が倒れて、2死1・2塁となるが、5番のゲレーロがレフト前へ先制のタイムリーヒット。

2回には、昇格・即スタメンの山本が先頭で四球を選び、1死満塁から丸の内野ゴロとビヤヌエバの2ベースで3点を追加した。

先発山口は、3回4回と四球で満塁のピンチを作るが、カープの追い上げを2点に食い止める。
5回、6回と山口がピッチングを立て直すと、ジャイアンツは6回に中押しの2点、7回に岡本・陽のダメ押しとなるホームランで2点をあげ、勝負を決めた。

守備が乱れた広島と山本の好走塁が試合を決めた

昨年のセ・リーグチャンピオン広島が苦しんでいる。
丸が抜けた打線の穴は大きい。新井が引退して、精神的な支柱を失ったことも影響しているだろう。
投手陣も大瀬良以外はピリッとしない。
しかし何よりも、今年の広島は守備のミスが多い。

この日も、3回のビヤヌエバの2ベースは、言ってみればレフトフライ。
慣れない球場で、照明が目に入り、松山が2ベースにしてしまった。

そして、6回裏。
山本がヒットで出塁すると、ワイルドピッチで1塁から一気に3塁を陥れる好走塁を見せる。
山本の判断と好走は称賛に値するプレーだが、そもそもバッテリーエラーがなければ生まれなかったものだ。
そして続く1球がまたしてもワイルドピッチ。
3塁ランナーの山本がホームインした上に、このボール球を空振りしていた小林も振り逃げで1塁に残る。
この小林もホームを踏むことになる。

広島に限ったことではなく、強いチームのほとんどは守備が固い。
人のふり見てではないけれど、巨人も守備・走塁はこれからもきっちりしたいところだ。

ジャビッ党が選ぶこの日のMVP

昇格・即スタメンで、2安打1四球。そして6回の好走塁。
山本泰寛が文句なしで、この日のMVPだ。
守備でも、強い打球を堅実に処理していて評価できる。

春季キャンプで山本泰寛が掲げた今季の目標は「規定打席到達」。
このまま、吉川尚輝が帰ってきても、ベンチを悩ませるほど走攻守で活躍を続けてほしい。
そうすれば、今季の目標も達成できるかもしれない!

明日も勝つぞ! ジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す