2019年04月14日

巨人-ヤクルト 3回戦

東京ドーム

G 6  ―  S 11

吉川尚輝が登録抹消!投手陣が崩れて連日の11失点でヤクルト戦を連敗

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ヤクルト 1 0 5 0 3 0 2 0 0 11
巨人 2 0 4 0 0 1 0 0 6
投手リレー
S:高橋-五十嵐-ハフー梅野-近藤-石山
G:畠-宮國-戸根-桜井-中川-坂本工

1勝1敗で迎えたスワローズとの3回戦。ジャイアンツはなんとしても勝ち越して週末を締めくくりたいところ。
この日、ここ数試合欠場していた吉川尚輝が登録抹消。打撃が好調だっただけに痛い離脱だが、しっかり治して戻って欲しい。
巨人の先発は、まだ勝ち星のない畠。マスクを被るのは小林。
ヤクルトは高橋奎二という高卒2年目の左投手。正直よく知らないピッチャーだ。

畠が3回6失点、中継ぎも崩れ連日の11失点

初回、先発の畠は1アウトから2番の青木に対して、ストライクを取りに行った初球を簡単にホームランされてしまう。
その裏、岡本がランナーを1塁に置いて、2試合連続となる逆転2ランで、主導権を奪い返す。

しかし、畠は立ち直れなかった。3回に7安打を集められて5失点。これで勝負ありかなと思った。

でも、ジャイアンツ打線は好調だ。
丸、ビヤヌエバに2本の2ランホームランが飛び出して、あっさり同点。
「この勢いですぐに逆転だ」と巨人ファンはみんな思ったはずだ。

でも、今日も中継ぎ陣が崩れた。
宮國は村上に勝ち越しのソロホームランを許した後、自分の失策も絡んでこの回3失点。
7回には4番手の桜井も2失点で、この日も11失点という体たらくっぷりを見せてくれた。

それにしても巨人にもう少しクジ運があったら…

この日勝ち越しのホームランを打ったのは2年目の村上。
清宮の外れ1位で、巨人も指名した選手だ。
このクジも外した巨人は外れ外れ1位で鍬原を指名したわけだ。

その鍬原は4月14日現在、2軍で10試合、12イニングを投げて8四球、防御率5.25という成績。

村上が獲得できていれば、右の岡本、左の村上でクリーンアップは10年安泰だったのにと思ってしまう。
思っても仕方ないことではあるのだけれど、せめて、鍬原は大卒のドラ1なんだから戦力になってくれよ。

ジャビッ党が選ぶこの日のVP

この日も打線の中軸は好調だった。
坂本3安打、丸が2安打1ホームラン、岡本、ビヤヌエバが1ホームラン。
ゲレーロがノーヒットで打率が.250を割ってしまったのは気がかりだ。

VPは2安打1ホームランの丸が妥当だろう。

吉川尚輝の抜けたセカンドに入った吉川大幾は3打数ノーヒットとまるで機能せず。
田中俊太もイマイチ調子が上がってこない。
1番打者とセカンドのポジションを誰に任せるか、検討する余地がありそうだ。

来週は勝つぞジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

“吉川尚輝が登録抹消!投手陣が崩れて連日の11失点でヤクルト戦を連敗” への1件のコメント

  1. […] 2/3を1安打無四球無失点でドラゴンズ打線を封じた。 特に注目したいのが畠だ。4月14日のヤクルト戦に先発し、打ち込まれて2軍降格となった畠。癖が出ているという話もあったが、修正 […]

コメントを残す