ジャビッ党が勝手に選ぶ、ジャイアンツ2019年7月度MVP

ジャビッ党が選ぶ2019年7月の月間MVP 巨人を語る

前半天国、後半地獄の2019年7月のジャイアンツ

7月前半のオールスター前までは快進撃を続けたジャイアンツ。しかしオールスター明けからは一転、黒星続きでベイスターズやカープの追撃を許したジャイアンツ。この天国と地獄の月にジャイアンツで最も活躍した選手はだれか? ジャビッ党が勝手選ぶ月間MVPを発表!

選出は、毎試合ごとに選出しているMVP(勝ち試合で選出:3ポイント)、VP(負け試合で選出:1ポイント)のポイントを集計して決める。

もっともポイントが高い野手、投手を一人ずつ選ぶのだけれど、7月度は投手は該当者なしとした。

ジャイアンツ7月の成績・・・13勝10敗

7月は前半の貯金が効いて、月間では勝ち越している。

MVP獲得数
3回・・・亀井
2回・・・炭谷
1回・・・菅野、若林、丸、山口俊、メルセデス、増田、小林、田口、坂本、桜井、陽、重信、中川
VP獲得数
2回・・・今村、坂本
1回・・・山本、桜井、大竹、高木、立岡、ゲレーロ
合計ポイント
9ポイント・・・亀井
6ポイント・・・炭谷
5ポイント・・・坂本

2019年7月MVP・・・亀井善行

23試合 89打数 36安打 4HR 16打点 打率.404 

7月の大樹生命月間MVPはベイスターズのロペスだった。亀井も有力候補だったのだけれど、残念ながら授賞を逃した。巨人ファンからは「納得できない」という声もあるけれど、月間ホームラン、月間打点の2冠を獲り、チームも好調だったロペスが授賞するのは仕方ないところだろう。

その代わりではないけれど、ジャビッ党の月間MVPは亀井善行だった。7月は「今日のMVP」を3度獲得し9ポイントで、炭谷、坂本を抑えての授賞だ。

合計ポイントで上位獲得がなかったので投手部門は今回は該当なし。

8月前半は苦しんでいるジャイアンツ!8月半ばから下旬にかけては日替わりでヒーローが出てほしいものだ。
絶対優勝!ジャイアンツ!

スポンサーリンク
巨人を語る
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました