奮輝 2018

CSファイナルステージでジャイアンツがカープに勝つためには?

2018年クライマックスシリーズ ファーストステージを2連勝でファイナルに進出した、由伸ジャイアンツ。10月17日からは鬼門、マツダスタジアムでカープを相手にファイナルステージを戦う。今シーズンは全くと言っていいほど広島に歯が立たなかった巨人に勝機はあるのだろうか?

上昇ムードのジャイアンツと下降気味のカープ、今なら互角で戦える!

「由伸ジャイアンツ 日本シリーズ出場のためにCSの戦略を考える」で僕が予想した先発ローテーションは、初戦であっけなく外れてしまったけれど、結果も予想以上の最高の結果だった。広島とのファイナルステージも予想以上の結果になることを期待したい。

菅野のノーヒットノーランでこれ以上ない勝ち方で広島に乗り込むジャイアンツ。17日の先発投手はメルセデスと発表された。広島は菅野と15勝で最多勝を分け合った大瀬良が迎え撃つ。

今シーズンの広島戦は7勝17敗1分、マツダスタジアムに限っては2勝9敗1分と、数字で見ると巨人が広島に勝てる要素はないのだけれど、今の巨人はペナントレースと完全に別のチームだと言っていい。

ベンチで笑顔もみせるようになった高橋由伸監督はまさに開き直りの境地。1stステージ初戦のヤクルト戦では、好投の今村を早めに降板させ、上原のイニング跨ぎや山口俊の2イニング登板、長野と陽岱鋼でエンドランを成功させるなど、シーズン中には見られなかった采配でチームに勢いをつけた。

一方のカープは、最多勝独走かと思われた大瀬良が15勝で足踏み。抑えの中崎もここ数試合はリリーフ失敗が目立った。打線ではホームラン王を争っていた丸の打撃が下降気味だし、4番の鈴木誠也も変化球にタイミングが合わずに不調の気配。

カープもCSに向けてこの1週間で調整しているとは思うが、チーム全体の好不調のバイオリズムは下降気味なのは明らかだ。巨人は今年1番チーム状態がいい。今なら互角に戦えるのではないだろうか?

勝敗のカギは吉川光夫とヤングマン

とはいえ、7連勝や6連勝の勢いでマツダに乗り込んでも、あっさり広島に負けてきたという事実もある。
ジャイアンツがカープと互角に戦うにはやはり投手陣がカギを握っている。

初戦のメルセデスはマツダスタジアムでの防御率は6.00。左打者を苦手にしているだけに、田中広輔、丸、松山、野間らがスタメンに並ぶカープ打線をどこまで抑えられるかはかなり不安だ。

2戦目は各スポーツ紙の報道では田口麗斗の先発が濃厚。田口は広島戦に限らず、今シーズンはストレート、変化球のキレがイマイチなうえ、コントロールもよくない。2イニング持つのかどうかさえ不安。

となると、この2試合はブルペンフル稼働ということになる。ポイントになってくるのは前回のコラムでも取り上げた、ヤングマンと吉川光夫だ。

僕はヤングマンは明日の先発が良いと思っていた。1度も対戦のない広島打線を狂わせることができれば、ファイナルステージ全体で打線を沈黙させる可能性があると思うからだ。でも、巨人ベンチはこの秘密兵器を、中継ぎとして、毎試合繰り出すことを決めたみたいだ。

そしてマツダスタジアムの防御率1.80の吉川光夫。一部報道では5戦目の先発という声もあるけれど、左の中継ぎで信頼できる投手がいないので、5番目の先発にするならば、ブルペンに置いておきたい投手だ。

ジャビッ党が提案するCSファイナルステージの投手起用プラン

第1戦
メルセデス(4~5回)-上原(6回)-(7~8回)-山口俊(9回)
左打者の続く場面で吉川光
第2戦
田口(2回)-ヤングマン(3~6回)-上原(7回)-(8回)-山口俊(9回)
左打者の続く場面で吉川光
第3戦
菅野(9回)
第4戦
今村(4回~5回)上原(6回)-(7~8回)-山口俊(9回)
左打者の続く場面で吉川光
第5戦
ヤングマン(5回)-上原(6回)-(7~8回)-山口俊(9回)
左打者の続く場面で吉川光・田口
第6戦
メルセデスメルセデス(4回)-上原(5回)-(6回)-山口俊山口俊(7回)-菅野(8~9回)
左打者の続く場面で吉川光・田口・今村

ベテランの上原、故障明けの畠もフル稼働のブルペン体制になるけれど、ある程度点差がある場面などは野上あたりを起用すればよいだろう。

6戦目までもつれると、ブルペンの疲労や元々のチーム力で巨人は分が悪い。できれば4連勝で一気に押し切ってほしいところだ。

あと、負ける時も、丸や鈴木、バティスタといったところにホームランを打たせないようにしたい。大量失点をすると、それまでの勢いが一瞬で萎みかねないからだ。

いずれにしても初戦が大事になる。小林のリードが鍵を握るかもしれない。

最後に1ついいデータを紹介しよう。
今シーズン、マツダスタジアムで2勝しかしていない巨人だけど、8月11日以降、実はマツダで負けていない。
1分の後2連勝なのだ。つまり、こういうことだ。2018年のジャイアンツは、マツダスタジアムでの黒星はすべて使い果たしたのでもう、白星しか残っていない

さぁ、行こう、日本シリーズ!
絶対勝つぞ! ジャイアンツ。

“CSファイナルステージでジャイアンツがカープに勝つためには?” への2件のフィードバック

  1. ソナタ より:

    で、楽しみにしていたら、ダ・ゾーンに放映権があるので、TV放送は明日と明後日のG +の2戦しか見られないという…
    ダ・ゾーン要らない

    • かめ うさぎ より:

      そうなんですか?うちの方のケーブルテレビはTBS系列で観られるみたいです。平日なので普通に仕事ですけど。

コメントを残す