山口俊

宮崎キャンプの時の写真しかなかった

山口俊がノーノー達成!好調な選手を起用した積極的なオーダー変更が連敗を止めた

久しぶりに東京ドームに帰ってきたジャイアンツ。中日3連戦の初戦で山口俊がノーヒットノーランの快挙を達成! 連敗を6で止めた。この試合、巨人首脳陣にとっても会心の勝利となった。勝因はもちろん山口俊の好投が一番だけれども、大胆なオーダー変更がハマった形だ。由伸監督は今シーズン一番気持ちの良い勝利だったのではないかと思う。

育成から昇格のマルティネスを即スタメン起用

この試合で高橋由伸監督は、育成選手から支配下登録して1軍に昇格させたマルティネスを7番セカンドで即スタメン起用した。
このところセカンドで起用されていた田中俊太が好守に精彩を欠くプレーが多かったとはいえ、これまで、好調な選手を昇格させてもスタメン起用することがなかった由伸監督にしては珍しい選手起用だ。

この起用が当たって、初打席でいきなりホームラン。
由伸監督は「してやったり」というところだろう。

吉川尚・重信の俊足1・2番

ジャビッ党ではジャイアンツ自力優勝消滅。マツダスタジアムで勝てない巨人の今後の戦い方は?吉川尚輝が新人王を獲るためにすべき3つのことのなど記事で、吉川尚輝の1番起用を薦めてきた。ここにきて由伸監督も打撃好調の吉川尚輝をようやく1番に起用した。また、不調の陽岱鋼に代わり、センターに重信を入れ、2番に起用。

これがまたまた当たり、吉川尚輝は1安打1四球。重信は3安打猛打賞と、クリーンアップの前に常にランナーがいる状態を作れた。

この日は盗塁こそなかったが、この快速コンビが常に塁を賑わせていれば、相手バッテリーは集中してクリーンアップと対決できなくなる。マギーや岡本の打撃成績ももっと上がっていくはずだ。

小林のスタメン起用でノーヒットノーラン

小林誠司が久々のスタメンマスクを被り、山口俊とバッテリーを組んだ。
山口俊はブルペンでは相当調子が悪かったらしいが、試合が始まると、キレのあるボールを構えたミットのところへバシバシ投げ込んだ。
ノーヒットノーランをやってのけたのだから、この日の小林のリードに文句をつける必要はないだろう。

正直、この1試合で「小林が正捕手」と決めつけるのは早計だと思う。
だが、大城や宇佐見と競いながらレベルアップしてほしい。

この試合は、1番吉川尚輝、2番重信、7番マルティネスの起用が見事に当たり、山口俊-小林誠司のバッテリーが最高の仕事をした。クリーンアップにも打点がつき、今シーズン1番の勝ち方といっていいだろう。

高橋由伸監督には、調子のよい選手を積極的に起用して、チーム内で競争させながら夏場を戦っていってほしい。

これからの活躍が期待されるマルティネス(写真は宮崎キャンプ)

重信慎之介

重信には代走要員で満足せず、外野のレギュラーを狙ってほしい(課題はバントか)

“山口俊がノーノー達成!好調な選手を起用した積極的なオーダー変更が連敗を止めた” への2件のフィードバック

  1. ソナタ より:

    正直、今の状況なら、調子悪かったらスタメン入れ替えて、調子良い選手たちを使って貰いたい。
    もちろん2軍から上がってきたら、直ぐに使って貰いたい。今年のチーム力なら優勝してもおかしくない。
    が、僅差のゲームを勝ちきれない。
    これはひとえに采配と言わざるを得ないと私もおもいます。

    • かめ うさぎ より:

      接戦に弱いですからね。今年の巨人は。ベンチの責任と言われても仕方ないですね

コメントを残す