まだ走力を見せていない吉川尚輝

ガイジンを打てない、ガイジンが打てない巨人。足攻で弱らせ、長打で仕留めろ!

4月6日時点で、4勝3敗の読売ジャイアンツ。打線が活発なように見えるけれど、ホームランは岡本の2本だけ。実は打線の弱点は相変わらず克服されていないのだった。

外国人攻略のカギ!序盤は足攻で弱らせろ

ここまで3敗しているジャイアンツ。実はいずれも外国人投手なのである。

  • 3月30日阪神戦 メッセンジャー 7回 7安打 5三振 1四死球 1得点
  • 4月4日中日戦 ガルシア 6回 2安打 7三振 5四死球 1得点
  • 4月6日ヤクルト戦 ブキャナン 8回 5安打 6三振 3四死球 0得点

3試合、21イニングでわずか2得点。これでは勝てるわけがない。

外国人投手の傾向としては、ストレートが速い上に動くということ。また、背が高いので角度もある。もともと速球派が苦手な傾向にある巨人打線だけに、それが手元で動き、角度もあるとなればやっかいだ。何度も対戦のあるメッセンジャーに対しては力負けという印象だけれど、ガルシア、ブキャナンはいわゆる初モノだからやられたという見方もできる。

 荒れ球だったガルシア

真っすぐにキレはあったが、制球力がなかった中日のガルシア。2回に2四球、3回2四球、4回1四球と、前半で5つも四球をもらったが活かすことができなかった。というか、5回までノーヒット。狙い球が絞れなかったということだろう。凡打はほとんどが三振か内野ゴロ、外野フライでのアウトはひとつもなかった。次回対戦までにきっちりと分析しておきたい。

 要所のカーブが効いたブキャナン

ヤクルトのブキャナンにも4回まではノーヒット。真っすぐとカーブのコンビネーションにやられたという感じ。特にチャンスの場面では、初球にカーブで簡単にストライクを取られ、バッテリー有利のカウントで勝負されてしまった。ヤクルトのキャッチャー中村悠平のリードにしてやられた感じだ。キャッチャーの配球も研究しなければならない。

 序盤は足で揺さぶれ

ずはランナーに出て、セットポジションで投げさせるということが大切だ。特に外国人は総じて、クイックが下手。盗塁をしなくても、塁上をチョロチョロしたり、エンドランを仕掛けたりするのもありだろう。

ガルシア、ブキャナンには打者2巡目くらいまではほぼヒットが打てなかった。そんな時は、せめてファウルで粘るとか、セフティーバントを試みるとか、投手を揺さぶる攻撃も重要だ。バントの構えをすれば、ピッチャーはマウンドを駆け下りてこなければならず、それだけで体力を削れる。その仕事はやはり1・2番。ヤクルト戦では立岡は早打ちだったし、吉川尚も淡泊だった。

もし、吉川尚が淡泊な打撃を続けるようだったら、ジャビッ党イチ押しの田中俊太をスタメン起用してほしい。2番打者としての適性は田中俊太の方があるはずだ。

まだ走力を見せていない吉川尚輝

まだ走力を見せていない吉川尚輝(Photo山内信一さん)

2番打者としてもセカンドとしても吉川尚と互角以上の実力があると思っている

2番打者としてもセカンドとしても吉川尚と互角以上の実力があると思っている(Photo山内信一さん)

ジャイアンツ春季キャンプから期待の若手 ベスト5をピックアップ【野手編】

ホームランが出ないことには

外国人投手はイライラしやすい傾向が強い。ランナーが塁上で投手を揺さぶったり、ファウルで粘ったりすると、失投も増えてくるはずだ。その失投を仕留めるのが、クリーンアップの仕事。

ジャイアンツのホームランはここまで岡本の2本のみ。坂本は、変に長打狙いに固執すると打撃を崩すおそれもあるので、今のままでいいと思うが、やはり両外国人のホームランがほしいところだ。

「チームで統一してセンター返し」という発想もいいけれど、それぞれに役割を持たせて、しっかりと役割を果たさせるという指示も重要だ。例えば、ゲレーロ、マギー、岡本は「三振OK狙い球を絞って(スコアラーから指示させる)、長打狙い」とか、1・2番は、「結果にかかわらず6球以上投げさせろ」とかほかのバッターは、「中軸打線に狙わせた球ではないボールをセンター返し」とか。

ひょっとしたら、もうやっているのかもしれないけれど、「嫌らしさ」と「怖さ」を感じさせる攻撃をしてほしい。

ぜったい勝つぞ!ジャイアンツ!

オープン戦ではホームランを量産したゲレーロだが…?

オープン戦ではホームランを量産したゲレーロだが…?

本来は中距離打者だが、ホームランも期待したいマギー

本来は中距離打者だが、ホームランも期待したいマギー

期間限定視聴料等2000円分プレゼント!スカパー!簡単申込

コメントを残す