2019年06月22日

巨人-ソフトバンク 2回戦

東京ドーム

G 7  ―  H 2

山口俊がホークス打線を7回1失点で7勝目!明日勝ってジャイアンツが交流戦優勝だ!

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ソフトバンク 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2
巨人 0 0 3 0 0 1 3 0 7
投手リレー
H:高橋礼-高橋純-嘉弥真-松田遼-加治屋
G:山口俊-高木京-澤村

山口俊がホークス上位打線を1安打に封じる

5月の不調がまるでウソだったみたいに6月の山口俊の投球は安心してみていられる。この日もホークスの1番~5番までの上位打線を内川の1安打1本に封じ込める見事な投球で、7回を1失点でまとめて7勝目を挙げた。

唯一のピンチは5回、松田、甲斐の連打で無視1・2塁とされたところだ。

この場面では、昨日に続き、1塁スタメンで入った阿部慎之助が1・2塁間のゴロをダイビングキャッチ!ファーストランナーを2塁で封殺した。あの打球が抜けていたら、試合の展開はガラリと替わっていたはず。慎之助のファインプレーもあって、この回を最小失点に抑えたことが大きかった。

点差があったので、8回高木、9回澤村のリレーで試合を締めた。

澤村は1点を失ったけれど、そこはとやかく言わないでいいと思う。点差もあったし、最近は3回に2回はいいピッチングをする澤村。今日が3回に1回の悪い日だと思えば、次回はいいピッチングが期待できる。

丸が今日も猛打賞!

打線は丸が先制のセンター前ヒットを含む3安打猛打賞。絶好調だ。今は「丸に繋げろ」を合言葉にするべきだろう。このところノーヒットが続いていた1・2番、亀井、坂本にもヒットが出た3回の攻撃がまさにそうで、2アウトから、丸がしっかり先制打を打つと、続く「岡本さん」「岡本様」が2点タイムリー2塁打で3点を先制した。

6回の慎之助の中押し点も効果的だったし、7回のダメ押しの3点は中川を温存できた追加点だった。また、亀井のマルチヒットととなる安打だったことと、坂本に打点がついたという意味でも大きいだろう。

ジャビッ党が選ぶこの日のMVP

MVP・・・山口俊

ジャビッ党としては、5回のファインプレーに6回の追加点となるタイムリーを放った阿部慎之助を選びたいところだけれど、ここは素直に山口俊を選びたい。山口俊は7回裏も打席に立っていて、バントの構えから四球を選んでいる。途中で代走を出されて交替したけれど、ジャイアンツベンチはバントを決めて、塁に残らなければ続投させるつもりだったみたいだ。

8回まで投げられる先発投手がローテーションにいるというのは、今後、夏場の戦いに向けて大きなアドバンテージだ。

明日、ジャイアンツが勝利すれば交流戦優勝が決まる。負けはもちろん、引き分けではダメだ。エース菅野が、きっちり勝ちきって、交流戦の有終の美を飾って欲しい。
明日も勝つぞ!ジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す