2019年06月14日

巨人-日本ハム 1回戦

札幌ドーム

F 5  ―  G 4

遂に高木京介の不敗記録がストップ!7回に3点を奪われ逆転負け

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
巨人 0 0 2 1 0 0 0 0 1 4
日本ハム 0 0 0 0 0 2 3 0 5
投手リレー
G:メルセデス-田原-森福-高木-宮國
F:有原-ロドリゲス-石川亮

高木京介の1敗はベンチの信頼の証

プロ入りから165戦目、ついに高木京介に黒星がついた。

おとといの、3イニングパーフェクトピッチングの疲れが残っていたのか、この日はボールのキレも制球も甘かった。
ジャイアンツ1点リードの7回裏、先頭の西川に2ボールからセフティバントを決められて、ノーアウト1塁。大田、近藤を打ち取って2アウトとしたものの、4番中田に粘られた末に同点タイムリーを打たれ、続く5番王柏融に2ランホームランを浴びてしまった。

これまでは、ビハインドの場面での起用が多かった高木だけれど、最近は接戦での同点の場面や僅差のリードの場面での登板が多かった。僅差のリードで投げ続けていれば、いつかは打たれるし、負けが付くこともある。高木京介にとってこの黒星は、ベンチに信頼され、いい場面で使われるようになった証だ。決して下を向く必要はない。

大切なのは次の登板。同じ失敗を繰り返さないことだ。今日の敗戦を糧として、ジャイアンツブルペン陣に欠かせない存在になってほしい。

坂本勇人の打撃が下降気味

この日は2番坂本が4の0、3番の丸が3の0で四球が1つ、2人で8打席で出塁1というのは寂しい。

とくに坂本の打撃が下降気味だ。下降気味といっても、昨日もヒットは打っているし、打率は.312だ。並みのバッターならば不調というほどでもないかもしれない。けれども、坂本は3割4分のバッターだと僕は思っている。3試合で5本はヒットを打ってほしいバッターだ。ちょっと四球が減っている気がする。

坂本のことだから、明日には修正できているかもしれないけれど、個人的にはホームランもいいけれど、マルチヒットを期待している!

ジャビッ党が選ぶこの日の戦犯とVP

戦犯・・高木京介&大城卓三

3失点の高木京介が戦犯にはなるのだけれど、高木をリードした大城も連帯責任だ。

特に、中田に同点タイムリーを打たれた場面。その前にカウント1-2から西川に盗塁を決められている。盗塁を決められたボールはインコースのストレート。あの盗塁がなければ、同点はなかったかもしれない。大城に小林ほどの肩を求めているわけではないけれど、バッテリーでスタートをきらせない工夫が必要だろう。

VP・・・重信慎之介

3安打猛打賞の活躍。特に9回のタイムリー2塁打は評価したい。今は1番を亀井が打っているけれども、なんとか1番を奪ってほしいものだ。

今日は先発のメルセデスが6回途中で降板してしまった。やはり先発投手は7回まで投げ切ってほしい。明日の先発は山口俊。7回までとは言わず、完封、完投のピッチングを期待している。

明日は勝つぞジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す