丸が移籍後初安打!9回に中崎から3点を奪い、巨人が広島相手に開幕カードを勝ち越す!

2019年03月31日

広島 - 巨人3回戦

マツダスタジアム

C 3  ―  G 6

チーム123456789R
巨人0200100036
広島1010000103
投手リレー
G:畠-戸根-吉川光-桜井-中川-クック
C:九里-ヘルウェグ-レグナルト-フランスア-中崎

1勝1敗で開幕カード3戦目を迎えたジャイアンツ。
先発は直球が3年目にして初めて怪我無く開幕が迎えられた畠世周。
原監督がキャッチャーは3人を競わせると言っていたから、大城がスタメンマスクかと思ったら小林だった。

どうやら大城は機動力の高い広島戦ではスタメン起用しないようだ。

接戦で競り負けない辰徳ジャイアンツは去年と違うチーム

初回に畠が1点を先制されるものの、2回にゲレーロの2ランホームランですかさず逆転。
3回に追いつかれるものの、5回に再び勝ち越し。
8回にまた追いつかれたが、勝ち越しを許さず、9回に3点を奪って試合を決めた。

昨年までのジャイアンツは、マツダスタジアムのカープ戦では、中盤から崩れて大量失点というケースが多かった。
しかし、この試合は原監督の継投策がピタリとハマった。

6回2アウトから畠から戸根へワンポイントスイッチ。
7回は吉川光がランナーを許すも得点を与えず。
8回は桜井が打者2人に安打を許すと、あっさり桜井をあきらめて中川をマウンドに送った。

由伸ジャイアンツでは、継投がいつも後手後手に回っていたが、さすが百戦錬磨の原采配といったところか。

ジャビッ党が選ぶこの日のMVP

打者では決勝タイムリーの吉川尚輝か、2回に2ランホームランを放ったゲレーロかといったところだが、
8回のノーアウト1、3塁の場面で登板し、ゲッツ―の1失点に抑えた中川皓太を選びたい。

ジャビッ党ではボールに力はあるが、コントロールが甘い中川の評価はあまり高いものではなかった。
しかし、腕を下げてスリークォーターにしたことで、制球が安定してきた。
マウンドにも自信を持って上がれているのが見てわかる。
まだ2試合だから、評価を決めるのは早いけれど、セットアッパーとして期待してもよさそうだ。

マツダスタジアムのカープ戦で2017年7月以来の勝ち越し。
広島への苦手意識を払しょくした、と言いたいところだが、4番の鈴木誠也に相変わらず打たれまくっている。
次の対戦では、鈴木誠也を封じ込めてほしいものだ。

スポンサーリンク
試合レポート
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

  1. […] 【2019.3.31 VS広島 6-3】 丸が移籍後初安打!9回に中崎から3点を奪い、巨人が広島相手に開幕カードを勝ち越す! […]

タイトルとURLをコピーしました