桜井が4回途中降板もブルペンが無失点で繋げ、後半戦白星スタート!

2019年07月15日

ヤクルト-巨人 12回戦

長野

S 4  ―  G 7

チーム1234567891011R
巨人010110010 0 37
ヤクルト001300000 0 04
投手リレー
G:桜井ー鍵谷ー田口ーデラロサー大竹ー澤村ーマシソンー中川
S:石川ー梅野ー近藤ーハフーマクガフー五十嵐ー清水

桜井が7四死球で4回もたず

オールスター明けの後半戦、開幕投手に指名されたのは桜井俊貴。後半戦への期待も込めた起用だったと思う。でも、その期待が気負いになったのか、今日は空回りしたピッチングだった。

なにせ、3回1/3で6四球、1死球だもの。

でも、特別に制球が悪いという感じではなかったと思う。もともと桜井は、キャッチャーの構えたところにビタっと決まるほど制球力があるわけではない。でも、狙ったところからボール1個分くらいしかずれないから、少し甘く入っても、ボールの勢いで抑えられたり、緩急で打ち取ったりすることができた。

ところがこの日は、ボール1個分のずれが、みんなボール判定になっちゃうんだよね。

ヤクルト打線を警戒しすぎ!とくに村上。

たしかに1番にトリプル3の山田がいて、2番にメジャーリーガーの青木、3番に本塁打日本記録保持者のバレンティンという上位打線の並びは怖い。4番の村上も現在、セ・リーグの打点王だ。でも、村上は打率2割5分に届かないんだぜ。

村上の第1打席、第2打席で桜井が投じたボールは9球。そのうち8球がボール球。完全に逃げ腰だ。

で、満塁で回った第3打席。ストライクを取りにいった初球、外角甘めのストレートを狙い打ち。打たれるべくして打たれた感じだった。

地方球場とか、審判の相性とかもあるかもしれないけれど、ボールはキレていたと思うので、もったいない。次はしっかり修正してきてほしい。

デラロサの武器は外角低めのストレート

試合は、8回に追いつき、延長11回にヤクルト五十嵐のバント処理ミスや、亀井のホームランなどで3点を取って、ジャイアンツが勝利した。

なんといっても2番手以降の投手が無失点でつないだことが大きい。
鍵谷はコントロールが悪かったし、大竹はいい当たりをされたり、全員が絶好調というわけではなかったけれど、得点を許さかったのはラッキーだった。

そして、この日、新外国人のデラロサが来日初登板のマウンドに上がった。3安打2三振無失点。

内容的には褒められるものではないけれど、四球で崩れるタイプではなさそうだ。ただ、追い込んでから外角低めのストレートが良かった。キャッチャーの構えたとこにビタリ!それ以外のボールは結構バラついていたんだけれど、ここぞで決める集中力が凄そうだ。

まだ1試合なので、どのくらい使えるかは未知数だけれども、カミネロ以上マシソン未満といった印象だ。

次の登板にも注目したい。

気になる2人の右打者の不振

打線では2人の右打者の状態の悪さが気になった。

1人は4番の岡本和真。2安打しているんだけれどね。2安打目なんかは、バッテリーが試しにインコース投げてみたという感じがした。というのも、外角のボールに全然対応できていないからだ。外角のボールになる変化球を見極められないし、外角の強いストレートは振り遅れている。

逃げていくボールを追いかけてフォームが崩れている感じだから、追い込まれるまでは外角は捨ててしまってもいいかもしれない。相手バッテリーの攻めは昨年とは比べ物にならないくらい厳しいとは思うのだけれど、相手が厳しいコースを突いてくるということは、ボールが先行する可能性も少なくない。自分有利なカウントを作っていきたいところだ。

もう一人は中島。右の代打として、左投手に対して打席に立つ機会が多いのだけれど、なんか、左投手を打てる気がしない。

左投手のクロスファイヤーで入ってくるインコースのボールが全然打てないんだよね。バットに当たることも少ないし、バットに当たっても、めちゃめちゃ差し込まれてる。ナカジはインコースのボールは引っ張って、アウトコースのボールは外角に強い打球を打てるのが特長なんだけれど、今は、真ん中から外よりのボールしかコンタクトできない感じ。

今の状態で1軍に置いておくのはちょっと厳しいと思う。右打者ならば2軍では石川や北村が結果を出しているから、どちらかにチャンスを上げてほしい。ナカジはもう一回下で調整したほうがいいと思う。

ジャビッ党が選ぶこの日のMVP

MVP・・・陽岱鋼

11回にホームランを打った亀井や5回に26号ソロを打った坂本も候補なんだけれど、あえて、猛打賞の陽を選びたい。2回と8回のヒットはいずれも得点につながったし、状態は良さそうだ。陽は好不調の波が大きいから、状態が良い時はどんどん使って欲しい。守備は上手いしね。

明日は山口俊が先発。今日はリリーフを使ったので、完投で2ケタ勝利を決めてほしい。
明日も勝つぞ!ジャイアンツ!

スポンサーリンク
試合レポート
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました