2019年04月29日

巨人-DeNA 6回戦

東京ドーム

G 3  ―  De 5

野上と宮國がリードを守れず逆転負け!5回にもう少し点がほしかった

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
DeNA 0 0 1 0 0 1 0 3 0 5
巨人 0 0 0 0 3 0 0 0 0 3
投手リレー
De:上茶谷-国吉-エスコバー-山崎
G:山口-野上-戸根-宮國-中川

負けるときはリリーフが崩れる

今のジャイアンツのブルペン陣では、2点差で4イニングは逃げ切れない。

この日は野上と宮國がダメだった。おととい、セーブをあげたものの2失点した野上は、2点リードの6回に登板。2つの四球でピンチを招くと、嶺井にタイムリーを浴びて1失点。1点差に詰め寄られる。昨日、9回を0点に抑えた宮國が1点差の8回を託されるが、いきなり宮崎に四球を与え、2アウト3塁から大和に同点タイムリーを打たれる。そして、続く石川に逆転2ランを浴びる。

中継ぎが不安定なのは、はじめから分かっていたことなので、1点差の8回というのは、勝っているうちに入らない。「やっぱり」と思ってもやはり打たれれば「なにやっているんだよ!」って思ってしまう。同点まではOK。でも逆転されたらダメだよなぁ~。

ブルペンは左の中川が信頼できるほか、戸根もまずまずのピッチングをしてくれている。でも、右がいない。田原はまずまずのピッチングをしてくれるけれど、セットアッパーを任せるほどではない。桜井はダメ、野上、宮國もダメ。

ファームでは鍬原が抑えをやっているみたいだけれど、16回投げて、被安打148四球、防御率3.94。1軍ではちょっとむずかしい。

上原あたりが調子をあげていってくれるといいのだけれど、2軍でもときどき失点しているので、まだなのかと思ってしまう。
ただ、上原くらいの実績があれば、1軍でもそれなりの投球はしてくれると思うので、そろそろ1軍に呼んでみてはどうだろうか?

5回裏をビッグイニングにしたかった

先発の山口俊は5回まで1失点と、まずまずの投球をしていた。

5回裏に岡本がヒットで出塁し、亀井、陽が四球でノーアウト満塁とすると、原監督が動く。好調山本に代打阿部慎之助を送ったのだ。勝負に出たわけだ。ここで、慎之助が同点あるいは逆転していれば、山口は続投だったかもしれない。けれども慎之助は三振。

ここでDeNA上茶谷を攻略したかった原監督は、続く小林に代打大城。キャッチャーに代打を送った時点で山口続投は消えた。大城が死球で同点とすると、山口に代打石川。内野ゴロで1点勝ち越し、続く坂本もピッチャーへのタイムリー内野安打で3-1とした。逆転を狙った原監督の勝負手は一見成功したように見えるけれども、原監督としては、山口を交代させるからには5点は取りたかったのではないだろうか?

中継ぎ陣が不安ななか、打線は1点でも多く取りたい。今の所、ジャイアンツが勝っていくためには、中盤までに5点以上取るというゲームプランでいくしかないのだから。

ジャビッ党が選ぶこの日の戦犯とVP

戦犯・・・宮國椋丞

同点までは許せるけど、石川に打たれた逆転2ランはダメだよね。それにしても、安定感なさすぎ!

VP・・・中川皓太

9回表、2点ビハインドの場面で登板。本当は1点リードの場面で登板する準備をしていたはずだ。モチベーションは高くない場面で、先頭の筒香をエラー出塁させるも、集中力を切らさず、しっかり無失点に抑えた点を評価したい。

VPは2安打を放ち、連続出塁を25試合に伸ばした坂本も候補だったけれども、ノーアウト1塁で8回に併殺でチャンスを潰してしまったので、選から外した。キャプテン・坂本勇人に求められるレベルは他の選手よりも遥かに高いのだ!

なにはともあれ、ベイスターズ戦を勝ち越したジャイアンツ。明日からは元号またぎの中日3連戦。平成最後の試合と、令和最初の試合を連勝して波に乗りたい。

絶対勝つぞ!ジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す