2019年06月08日

巨人-ロッテ 2回戦

東京ドーム

G 5  ―  M 6

中川がやられた!巨人はマシソンをベンチから外し逆転負け。。。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ロッテ 0 0 0 1 1 0 0 0 4 6
巨人 0 1 0 0 1 1 0 0 2 5
投手リレー
M:土肥-東條-唐川-田中-益田
G:山口俊-森福-澤村-中川-田原

9回にまさかの4失点で連勝を逃す

連投が重なるマシソンは使わない。この日、ジャイアンツのベンチ入りメンバーにマシソンの名前はなかった。

「ベンチにいると使いたくなっちゃうから」

第2次原政権のときに、原監督はそういって山口鉄也をベンチから外したことがあった。そのケースと同じで、病み上がりのマシソンは連投させられないと判断したのだろう。

8回は澤村がマシソンの不在を補うピッチングでロッテを0点に抑えた。

ところが9回の中川が誤算だった。今シーズン、中継ぎからセットアッパー、抑えとステップアップしてきた中川も疲労が蓄積していたのだろう。昨日も1失点。そしてこの日はロッテ打線に捕まった。テレビモニターではわからないけれど、真っ直ぐにもスライダーにもキレがなかったのかもしれない。鈴木大地に同点打を打たれ、1死1塁。清田を打ち取り、香月にヒットを打たれ、2死1・2塁となったところでジャイアンツベンチは中川を諦めた。

ところが中川の後を誰が投げた田原がさらに誤算だった。中村奨に逆転タイムリーを打たれ、続く菅野にも2点タイムリーで3-6とされてしまった。あの場面、田原でなければどうだったろう?宮國あるいは鍬原ならばどうだっただろうか?中川をあと1人ひっぱってはどうだっただろうか?でもそれは結果論に過ぎない。

ロッテ細川のリードにベテランの味を感じた

9回裏、ロッテの抑えの益田はコントロールがバラバラだった。構えたところに全然投げられないのだ。外角低め要求が逆球の内角高めに。でも、その荒れ球をキャッチャーの細川がなんとかリードしていた。逆球になったボールをうまく利用した組み立て、ミットの構え方やピッチャーへのジェスチャー。さすが、西武やソフトバンクを優勝に導いたベテランキャッチャーだ。

岡本がライトへの2ランホームランを打って、1点差に迫るが、あそこは最悪、ホームランでもOKの場面。

岡本は最後によく打ったと思うけどね。

ジャビッ党が選ぶこの日の戦犯とVP

戦犯・・中川皓太

ボロボロのジャイアンツブルペン陣のなかにあって、これまでよく抑えてきた。でも、この日の試合に関してはやっぱり中川が戦犯と言わざるを得ない。鈴木大地の同点までは仕方ない。2アウト後の左の香月を抑えられていれば、サヨナラで勝てただろう。

ちょっと疲労がたまっているみたいなので、マシソンのように明日はベンチから外してもいいかもしれない。

VP・・・坂本勇人

5回裏に打った、同点となる21号ソロホームランは見事だった。それまで先発の土肥のチェンジアップに全然合っていなかった。カウント2-2からの5球目6球目のストレートをファウル、そして7球目の低めのチェンジアップもファウルした。このときの坂本は摺り足気味に足を上げ、タイミングを取っていた。ところが8球目、左足を大きく上げたのだ。そして真ん中から低めに落ちるチェンジアップを見事に捉えホームランにした。

タイミングの取り方を打席の中で変えつつ、最後は決め球のチェンジアップを狙い打ったように思える。技術も読みも、今の坂本は充実している。

明日の先発は菅野。腰の違和感からの抹消明けで心配なところはあるけれど、中川が連投で疲れているだけに、なんとか完投してほしいものだ。

明日は勝つぞジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

“中川がやられた!巨人はマシソンをベンチから外し逆転負け。。。” への2件のフィードバック

  1. yoshihito0127 より:

    昨日は残念な負けでしたね。
    ただ中川や中継ぎ陣は責められません。
    今日はエース菅野、完封もしくは完投を願うばかりですね。

    • かめ うさぎ より:

      菅野は100球目処だったようで完投はなりませんでしたが、中川を休ませることができましたね。

コメントを残す