2019年04月12日

巨人-ヤクルト 1回戦

東京ドーム

G 6  ―  S 1

早めに仕掛けて苦手小川を攻略!エース菅野が今季2勝目!!

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ヤクルト 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
巨人 1 0 1 1 3 0 X 6
投手リレー
S:小川-大下-風張
G:菅野-中川-宮國

好調ヤクルトを本拠地東京ドームで迎えた、東京ダービー。
ジャイアンツの先発は昨年のCSでヤクルト相手にノーヒットノーランを達成した菅野。
ヤクルトの先発は対ジャイアンツ戦8連勝中の小川。
エース同士の投げ合いに注目だ。

早仕掛けの原采配が功を奏し、小川を攻略

1回表、菅野は2アウトから3番山田にソロホームランを打たれ、先制点を与えてしまう。
しかしその裏、ジャイアンツは坂本の四球、丸のヒットで1アウト1・2塁として、岡本がセンター前への同点タイムリー。
フルカウントからエンドランのサインでランナーを動かしての同点打。
原監督にしては珍しく初回から選手を動かしてきた。小川が調子を上げる前に早めに追いつきたかったのだろう。

3回には坂本、4回には亀井のソロホームランで加点。
5回裏は坂本のタイムリー2ベースでさらに1点を追加すると、2アウト満塁で6番のビヤヌエバに早くも代打、阿部慎之助。
慎之助がベンチの期待にしっかり応え、2点タイムリー2ベースでダメ押し。勝負あった。

菅野は7回を1失点で2勝目。
ここまで3試合で4失点だが、ソロホームラン4本の4失点。
ギアの入っていない状態で打たれただけだから、心配はないのだけれど、
裏を返すと、キャッチャーの配球次第で防げたのではないかとも思う。

ヒーローインタビューで菅野は小林を褒めるけれども、小林には気を引き締めてほしいものだ。

今年も続く田中俊太VS吉川尚輝のポジション争い

ここまで1番で打線を引っ張ってきた吉川尚輝がこの日はお休み。
腰痛を抱えている中で出場をしてきたため、途中で交代することも多かった。
打撃が好調なだけに、本人も休みたくはないだろうけれど、無理して故障させるわけにはいかない。

今日は初めて1番に田中俊太が入った。
5打席まわってきて、1安打1四球1犠打。
合格点を与えられる結果だけれど、第1打席、第2打席で凡打している。
序盤で出塁できれば、印象はグッと良くなるだろう。

今シーズンは打撃面であまり調子が上がっていないが、吉川尚輝が休んでいる間にアピールしてほしい。

スローイングとか、体の使い方を考えると、セカンドというポジションは腰への負担は大きいような気がする。
田中俊太がセカンドのレギュラーを奪える実力を見せられれば、
吉川尚輝をショートへ、坂本勇人をサードへコンバートすることもできる。

田中俊太は吉川尚輝からポジションを奪うつもりで頑張ってほしい。

ジャビッ党が選ぶこの日のMVP

お立ち台に立ったのはエースの菅野。
7回1失点は他の投手ならば、文句なくMVPなのだけれど、菅野ならばこれくらいは当たり前。

今日は5回の勝負どころで、代打でダメ押しタイムリーを打った阿部慎之助にあげたい。
満塁の場面での集中力は流石だし、そのお膳立てをして慎之助を送り出した原監督の采配も見事だ。

4月は残り14試合。
代打出場だけだと考えると最大で14打席。
平成の間に通算400号を巨人ファンは期待している。

明日にでも決めてしまえ! 慎之助!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す