2019年04月02日

巨人ー阪神 1回戦

東京ドーム

G 9  ―  T 3

ゲレーロ、丸にホームラン!12安打9得点で阪神を圧倒!本拠地開幕戦を勝利で飾る!

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
阪神 0 0 0 0 0 3 0 0 0 3
巨人 2 0 5 0 1 1 0 0 × 9
投手リレー
T:ガルシア-馬場-島本
G:山口俊-今村-宮國

2019年東京ドームの開幕戦カードは、平成最後の東京ドームの巨人―阪神戦となった。
ジャイアンツの先発はDeNA時代の背番号11を再び背負った山口俊。マスクを被るのは、この日も小林だ。

対するタイガースは、中日から移籍のガルシア。巨人は昨年、ガルシアに苦しめられただけに、どうやって攻略していくかが見ものだ。

序盤に丸、岡本、ゲレーロが長打で早々にガルシアを攻略

どんなにいいピッチャーでも立ち上がりは難しい。この日の阪神先発ガルシアをみてあらためてそう思った。
初回に吉川尚、坂本勇にヒットを許すと、続く丸が先制タイムリー2ベース。
岡本が倒れたあと、陽のセカンドゴロでもう1点。1回裏に巨人が2点を先制し、主導権を握る。

3回も吉川尚、坂本勇がヒットで出塁。丸は三振に倒れるが、4番の岡本がフェンス直撃のタイムリー2ベースで2点を追加。
守備の乱れもあって、陽も出塁し、続くゲレーロが2試合連続ホームランとなる3ランを放ち、7-0、序盤で早々と試合を決めた。

5回には丸の移籍後初ホームランも出たジャイアンツは、打線が活性化してきた。
丸にホームランが出たことで、今後、丸、岡本の相乗効果が期待できそうだ。

岡本の後ろも、今のところ陽、ゲレーロという並びが上手く機能している。
ゲレーロの前に陽を置くことで、大振りになりがちな陽がコンパクトなスイングを意識して、好調を維持している。

あとはゲレーロの後ろを誰にするかといったところだろう。

ジャビッ党が選ぶこの日のMVP

3ランのゲレーロか、移籍後初ホームランの丸といいたいところだが、今日は吉川尚輝を選びたい。
開幕から毎回ヒットを重ねている吉川尚輝は、この日も3安打猛打賞。
1回の2点も3回の5点も尚輝のヒットから始まっている。

今シーズン、尚輝の打撃は、丸のエッセンスを取り入れて、少しヒッチしている。
技術的なことはわからないけれど、ヒッチすることで力みが消えてスムーズにバットが出ているように見える。

また、打順も1番が吉川尚輝には合っていると思う。
ジャビッ党では去年から2番ではなく1番タイプだと指摘していたが、適正打順に置いたことで、のびのびと自分のバッティングができている。

今後は、攻めも厳しくなってくるので、ボール球を打ちにいかないことが重要だ。
あとは、守備で雑なプレーをなくして、確実性を上げてほしい。

今シーズン、吉川尚輝が規定打席到達で3割を打てるようならば、ジャイアンツは優勝にぐっと近づいているはずだ!

明日も勝つぞジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す