2019年03月30日

広島 - 巨人2回戦

マツダスタジアム

C 2  ―  G 5

ゲレーロ4打点の活躍で、2019年ジャイアンツが初白星!

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
巨人 0 0 0 2 0 2 0 0 1 5
広島 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2
投手リレー
G:ヤングマン-吉川光-中川-クック
C:床田-ヘルウェグ-レグナルト-一岡-島内

開幕戦を菅野で落としたジャイアンツ。
2019年のペナントレースでカープと互角に戦うためにも、この試合は何が何でも勝っておきたい試合。
バッテリーはヤングマン-炭谷の組み合わせ。
スタメンは左投手の床田対策で、6番にゲレーロ、7番に中島を起用した。

手こずるかと思った床田を陽、ゲレーロ、岡本で攻略

広島の先発は、3月5日のオープン戦で、巨人打線を4回無失点6奪三振と封じ込んだ左腕の床田。
この日も、ストレート、スライダー、カットボールのキレが良く、打線は苦戦が予想された。

しかし、4回にここまで前日から5打席連続三振の丸がフルカウントから際どいボールを選び、四球で出塁。
岡本が倒れたあと、陽が繋ぎ、ゲレーロがレフト線に落ちるタイムリーで2点を先制。

6回も丸が四球で出塁すると、今度は岡本が床田から2ベースを放つ。
陽が倒れゲレーロを迎えたところで、床田は降板となった。
しかしゲレーロが代わったヘルウェグから2点タイムリー。

9回にも得点を加えた巨人が、吉川光-中川-クックの継投で逃げ切った。

ジャビッ党が選ぶこの日のMVP

この試合のMVPは文句なしで4打点のゲレーロだ。
昨年はチャンスに弱いと言われていたが、原監督の打撃指導のおかげか、それとも契約最終年だからか?
今年のゲレーロはちょっと期待できそうだ。

この日も丸はノーヒットだったが、3つの四球を選び出塁したのは大きい。
ヒットを欲しがって、バッティングを崩すことが一番マズいと思っていたけれど、どうやらその心配はしなくて良さそうだ。
明日はきっとヒットがでるだろう。

それにしても、中川皓太の調子がよさそうだ。

明日も勝つぞ!ジャイアンツ。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す