ゲレーロ4打点の活躍で、2019年ジャイアンツが初白星!

2019年03月30日

広島 - 巨人2回戦

マツダスタジアム

C 2  ―  G 5

チーム123456789R
巨人0002020015
広島0001001002
投手リレー
G:ヤングマン-吉川光-中川-クック
C:床田-ヘルウェグ-レグナルト-一岡-島内

開幕戦を菅野で落としたジャイアンツ。
2019年のペナントレースでカープと互角に戦うためにも、この試合は何が何でも勝っておきたい試合。
バッテリーはヤングマン-炭谷の組み合わせ。
スタメンは左投手の床田対策で、6番にゲレーロ、7番に中島を起用した。

手こずるかと思った床田を陽、ゲレーロ、岡本で攻略

広島の先発は、3月5日のオープン戦で、巨人打線を4回無失点6奪三振と封じ込んだ左腕の床田。
この日も、ストレート、スライダー、カットボールのキレが良く、打線は苦戦が予想された。

しかし、4回にここまで前日から5打席連続三振の丸がフルカウントから際どいボールを選び、四球で出塁。
岡本が倒れたあと、陽が繋ぎ、ゲレーロがレフト線に落ちるタイムリーで2点を先制。

6回も丸が四球で出塁すると、今度は岡本が床田から2ベースを放つ。
陽が倒れゲレーロを迎えたところで、床田は降板となった。
しかしゲレーロが代わったヘルウェグから2点タイムリー。

9回にも得点を加えた巨人が、吉川光-中川-クックの継投で逃げ切った。

ジャビッ党が選ぶこの日のMVP

この試合のMVPは文句なしで4打点のゲレーロだ。
昨年はチャンスに弱いと言われていたが、原監督の打撃指導のおかげか、それとも契約最終年だからか?
今年のゲレーロはちょっと期待できそうだ。

この日も丸はノーヒットだったが、3つの四球を選び出塁したのは大きい。
ヒットを欲しがって、バッティングを崩すことが一番マズいと思っていたけれど、どうやらその心配はしなくて良さそうだ。
明日はきっとヒットがでるだろう。

それにしても、中川皓太の調子がよさそうだ。

明日も勝つぞ!ジャイアンツ。

スポンサーリンク
試合レポート
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました