坂本・丸・ゲレーロのホームランと菅野の完投でジャイアンツが6連勝

2019年04月05日

DeNA-巨人 1回戦

横浜スタジアム

De 2  ―  G 3

チーム123456789R
巨人2000001003
DeNA2000000002
投手リレー
G:菅野
De:今永-三嶋-三上-パットン

5連勝で横浜スタジアムに乗り込んだジャイアンツ。
先発はエース菅野。開幕戦で敗戦投手となっているだけに、ここはなんとしても勝ちたいところ。
対するベイスターズの先発は左の今永。今永のストレートを捉えられるかが鍵となりそうだ。

坂本・丸の連続弾で先制もすぐに追いつかれる

5連勝の勢いそのままに、初回、坂本勇と丸の2者連続ホームランで、2点を先制したジャイアンツ。
しかし、その裏、ソトと筒香に2者連続ホームランを打たれ、あっさり同点を許してしまう。

立ち上がりは不安定だった菅野だが、2回以降は立ち直り、ベイスターズ打線に二塁を踏ませない。
一方のジャイアンツも今永を攻略できず、中盤までは膠着状態。

7回、好調ゲレーロのソロホームランで1点を勝ち越すと。
菅野が最後まで投げきり、完投。
ジャイアンツが接戦を制し6連勝となった。

大量点で圧倒した阪神戦と異なり、接戦となったこの試合。
菅野だから完投で逃げ切れたが、裏を返せば、リリーフ陣に試合を預けるのが不安だということだ。
菅野や山口俊など完投を期待できる投手以外での接戦での投手リレーは、ジャイアンツの大きな課題だ。

また、この試合は、ホームランでしか得点が入らなかった。
5回は亀井がノーアウトで出塁するが牽制死。
8回は1アウト満塁で、4番岡本、5番ゲレーロで無得点。
こういったチャンスを逃すと流れが相手チームにいってしまうもの。
取れるところで確実に得点を取る攻撃をしていきたい。

ジャビッ党が選ぶこの日のMVP

この日はやはり菅野。
立ち上がりは不安を見せたが、2回以降はしっかりとDeNAの打線を抑えたのはさすがだ。
リリーフ陣が不安なだけに、今シーズンもまた、菅野には完投を期待することになりそうだ。

明日も勝つぞジャイアンツ!

スポンサーリンク
試合レポート
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました