外野ノックを受ける長野久義

ジャイアンツ宮崎春季キャンプ2018の歩き方【1日目PM】

長年の夢だった、ジャイアンツ宮崎春季キャンプ見学。2月2日から4日までの3日間のキャンプレポートを数回に分けてお届けする。第3回は、第1クール2日目である2月2日午後のキャンプレポートだ。

注目のメンバーがサンマリンで打撃練習

ジャイアンツ宮崎春季キャンプ第1クールは、ランチ後に1軍も2軍も打撃練習を行う。午前中にひむかスタジアムで2軍の守備練習を見学した僕は、まだ1軍の選手を観ていないので、サンマリンスタジアムの1軍打撃練習を見学することにした。

打撃練習はA・Bの2チームに分けられ、それぞれ2時間みっちり打ち込む。
スタジアムに着くとAチームが練習していた。ちなみにA・Bのチーム構成は以下の通り。

Aチーム
坂本・吉川尚・岡本・田中俊・長野・松原
Bチーム
小林・岸田・田中貴・山本・若林・陽・重信

キャプテンに2016年のドラ1、将来の4番候補、広島のトップバッターの弟、さらにチョーと、兄貴がお笑い芸人の育成選手。なんとも豪華で個性豊かな6人だ。
バッティング練習は、左右のケージでフリーバッティング、一塁側でバント練習、ネット裏で連続ティーとティーバッティング、三塁側でロングティーをローテーションで回す。

僕はカメラを抱えて、一塁側でパシャリ、ネット裏でパシャリ、三塁側でパシャリと落ち着かない動きで写真を撮りまくりつつ、打撃練習を見学。

この日は侍ジャパンの稲葉監督も来ていて、Aチームのバッティングを観ていた。由伸監督が吉川尚輝とルーキーの田中俊太を稲葉監督に勧めていたことは、後でニュースで知った。
バッティング練習のローテーションで、選手が一番近くておススメなのが、一塁側のバント練習。顔もはっきり見えるし、結構スタンドのファンの声に応えたりしてくれるの。Aチームの練習では、勇人と長野の時にファンが群がっていた。

Aチームのバッティング練習が終わると、Bチームがバッティング練習。Bチームの中では、主力選手は小林と陽なんだけれど、人気という点で見れば、小林がダントツ。一塁側のバント練習には若い女性がたくさん群がっていた。近くで見るとやっぱりイケメンだ。
連続ティーでは「うぉっうぉうぉ」と声をあげながらバットを振り込んでいた。かなりキツそうだったね。

B球場で特守を受ける松原と長野、そして声を掛けられた!

サンマリンスタジアムで打撃練習をたっぷりと見学した後は、車で木の花ドームへ移動することに。キャンプ中は宮崎総合運動公園内は関係者の車両しか移動できないので、一度公園から出て、南駐車場に車を停めた。

木の花ドーム方面へと向かうと、駐車場隣の運動広場で2軍の若手投手陣がランニングをしていた。距離的にはすごい近い。っていうか柵もないので、近づけば触れちゃうんじゃないかと思う。もちろん練習の邪魔になるからそんなことしないけど。しかし15時過ぎてのランニングは若手とはいえ、キツそうだ。

木の花ドームの正面に着くと、その隣のB球場で誰かがノックをしている。
ノックを受けているのは外野手が2人。ノックを打っているのは大西コーチ。
ってことは1軍の練習だ。ノックを追う姿を見て、ひとりは長野だとすぐわかった。もう一人は……、どうやら育成の松原のようだ。

ノックを打つ大西コーチ

ノックを打つ大西コーチ

このノックを見て、「やっぱプロってすげぇ」って思った。大西コーチのノックね。ノックを受ける二人のスタート地点に目印としてタオルを置いているのだけれど、そのタオルを起点に前に後ろにノックを打ち分ける。もちろん受けているのはプロだから、正面なんかには打たない。

しかも、30代の長野にはすこし優しめに、若手の松原はとにかく走らせる。松原がタオルより少し後ろにポジションを取ろうとすると、大西コーチからダメ出しが飛ぶ。

最初はギャラリーも5、6人しかいなかったのだけれど、いつの間にか続々とやってきて、B球場の周りに集まった。ファンが増えてきて大西コーチも張り切ったのか、ノックもだんだん厳しいところに打ってくる。頭を越すような打球を必死に追う長野と松原。「がんばれ」「惜しい」「ナイスキャッチ」とギャラリーからも声が出る。

僕はカメラで写真を撮りながら、三脚を立てて動画も撮っていたんだけれど、頭を越えたボールに追いつけなかった長野が「これ誰のビデオカメラ?」と聞いてきた。
「はい」と答えたら、「G+に送っておいて下さい」って頼まれた。
固定カメラだったので、ボール捕り損ねた部分は見切れちゃってるんだけどね。

というわけで、G+のスタッフの方、動画送るんで連絡ください。【つづく】

育成松原、GG賞の長野と共に特守

背面キャッチを披露!? 長野・松原の特守

コメントを残す