2019年04月25日

ヤクルト-巨人6回戦

神宮球場

S 11  ―  G 2

まさか!菅野が7失点K.O.平成最後の登板でプロ入りワーストの投球

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
巨人 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2
ヤクルト 0 0 5 2 1 0 3 0 X 11
投手リレー
G:菅野-高木-森福-桜井-戸根
S:スアレス-梅野-近藤-マクガフ

菅野が4回途中7失点でまさかのK.O.

まぁ、こういう日もあるよね。あまり想像していなかったけれど。
中5日でエース菅野を立てて、6連勝を狙ったジャイアンツ。少なくとも2~3点には抑えてくれるだろうと、誰もが思っていたに違いない。ところが、この日は菅野の調子が最悪だった。1、2回は無失点だったものの、3回に青木にホームランを打たれると、山田、バレンティンと3者連続ホームラン。その後も安打を重ねられれ、5失点。続く4回もマウンドに上がったが、またも青木、山田、バレンティンに3連打を打たれ、降板となった。

とにかくこの日の菅野はボールが高かった。青木、山田に打たれたスライダーは高さもコースも甘かった。あと、菅野の腕の振りが横振りになっていたような気がする。もともとスリークォーター気味の投球フォームなのだけれど、さらに腕が下がると、ボールの回転が悪くなる。菅野がメッタ打ちを食らうときはこ、たいてい腕が下がっているときだ。

小林のリードも褒められたものではない。特にバレンティンへ打たれたホームラン。2者連続の後で、本人もホームラン狙いまくりの打席で、インサイド高めにストレートを要求。前の2人がスライダーを打っているのだから、ストレート狙いは明らかだし、この日はコントロールが甘いから、インサイド高めは、ヤバ過ぎる。案の定、ホームランだった。

菅野の調子が悪いとはいえ、悪いなりにリードしてほしい。小林は、調子のいい投手をリードするのは抜群だけれど、調子が悪かったり、もともと力の足りない投手で、なんとか試合をつくるリードができない。このあたりが成長してくれないと、正捕手は難しいところなんだ。

小林のリードは、同じ打者に何度もやられる傾向がある。青木、山田は去年からだし、今年は村上に打たれまくっている。2年目の村上はむしろ、「ジャイアンツ戦は打てない」としておかなれけばいけないのに、お得意様にされてしまった。

この日は途中からマスクを被った大城も、山田とバレンティンにホームランを打たれており、小林のリードだけが問題ではない。

昨年も4月に「菅野智之がヤクルト・山田、青木らに打たれ2敗目。復活のカギはキャッチャーにあり」という記事を書いており、そのときも山田、青木にやられている。

菅野は次の登板に向けて立て直してほしいし、小林と大城は、ヤクルトの主力と村上対策をもう一度練ってほしい。

ジャビッ党が選ぶこの日の戦犯とVP

戦犯・・・菅野智之

ちょっと打たれすぎ。

VP・・・森福允彦

今シーズン初登板。敗戦処理とはいえ、1イニングを無安打無失点。このピッチングを継続してほしい。

GWは東京ドームでDeNAとの3連戦から。連敗中のチームなので、そろそろ勝ちそう。ちょっと嫌な感じ。ここでしっかり弱いものいじめ下位チームを叩いておきたいところだ。

絶対勝つぞ!ジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す