2019年09月12日

DeNA-巨人 22回戦

横浜

De 5  ―  G 8

【M7】ツイスト打法というかあっち向いてホイ打法!丸が3安打2HR、5打点の活躍でベイを粉砕!

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
巨人 2 0 1 3 0 0 0 2 0 8
DeNA 0 1 0 0 2 0 0 0 2 5
投手リレー
G:高橋優-鍵谷-田口-大竹-デラロサ
De:平良-武藤-石田-国吉-三嶋

丸のツイスト打法がさく裂!

横浜スタジアムでの首位決戦第3ラウンド。先発が高橋優貴と平良だから打撃戦かなと予想はしていた。予想通りの展開で、ジャイアンツは丸の2本のホームランや岡本のホームランなどで8-5でベイスターズに快勝!マジックを7に減らした。

それにしても丸のホームランはすごかったね。

今年の丸は、コンスタントに打ってはいたけれど、外角のボール気味の球を完全に開いて空振りというケースがよくあった。反対方向への意識が強い時はレフトへ打てるのだけれど、引っ張りを意識しているときは「ごめんなさい」という感じの三振もよくある。

9月上旬の連敗中にヒットがあまりでなくて、打率も3割を切っちゃったから、思い切って打撃フォームをいじってみたのだろう。

この3連戦では試合前の練習でツイスト打法をやっていたみたい。

ツイスト打法といえば、慎之助のイメージが強い。全盛時に慎之助のツイスト打法は、本当に腰が反対側に動いている感じだったもんね。

それに比べると、丸はまだまだ。ツイストの練習によって、体の開きを矯正していたのだと思う。ツイスト打法っていうか、「あっち向いてホイ」打法っていう感じ。でも、ツイスト打法の練習をして、それをきっちり実戦で結果を残すというのが凄いよね。

やっぱりソトに打たれた。CS対策を考えろ!

今日もソトにホームランを打たれてしまった。

昨日は炭谷と大城、今日は小林。キャッチャーが誰でも打たれちゃうんだから、キャッチャー個人のせいではなく、チームとして対策できていないということ。コントロールミスしたピッチャーが悪いのだけれど、多少コントロールミスしても、ホームランにはならないような配球を考えないといけない。

今日の高橋優貴はインハイ要求がインローに入ってのホームラン。外一辺倒だった昨日にくらべて、小林は果敢にインコースを攻めていたことは評価できる。ただ、もっと厳しく攻めてもいいと思う。当てちゃいけないけれど、当たるくらいのインコースを要求してほしい。バッターも避けるからさ。軸足を動かすくらいのコースには投げさせてほしい。頭狙ったらマズいけれどね。

CSでベイスターズとカープのどちらが上がってくるかは分からないけれど、ソト対策は徹底しないといけない。

球場が広いということもあるけれど、中日や阪神が比較的抑えているから、中日バッテリーや阪神・梅野のリードを参考にしてみるのもいいと思う。

ジャビッ党が選ぶこの日のMVP

MVP・・・丸佳浩

先制タイムリーに追い上げられてからの2ラン、そして止めの2ランと、本当にいいところで打ってくれたと思う。打率も3割にもどってきたし、3割30本いければいいな。

明日からはカープ戦。CSも見据えながらの戦いをしたい。
優勝するぞ! ジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す