2019年08月22日

中日-巨人 20回戦

ナゴヤドーム

D 7  ―  G 4

ヤングマンが7失点で連勝ストップ。巨人はやっぱりセカンドが課題

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
巨人 0 1 0 0 2 0 1 0 0 4
中日 2 0 2 3 0 0 0 X 7
投手リレー
G:ヤングマン-宮國-中川-鍵谷-田口
D:梅津-福-藤嶋-ロドリゲス-岡田

ヤングマンが初回からボコられる

最終試験にヤングマンは落第した。

3回2/3で9安打7失点。突然、制球が乱れる「突発性四球症」は出なかったけれども、その分、ストライクゾーンに集まったボールを、次々にヒットされた。守備の乱れもあり、自責点は4だけれど、守備の乱れもあったけれど、その分を差し引いても、到底及第点には届かない内容。

だって、盗塁警戒でピッチドアウトしたボールをワイルドピッチするんだもの。

ベンチで原監督が呆れ笑いを浮かべていたことからも、来季の契約は絶望的であることが分かる。

切り替えやすい負け方だと思うから、明日からまた連勝といきたいね。

今日の守備は大いに反省すべし

ヤングマンも酷かったけれど、守備も酷かった。

坂本、若林のエラー、ゲレーロのクッションボールミス、大城のリード…。

今日の大城のリードはちょっと変化球が多すぎたと思う。カーブ、カーブ、スライダー、スライダー…みたいな感じで、ほとんどストレートを使っていなかった。ストレートのキレがイマイチだったのかもしれないけれど、あれだけ緩いボールを多投すると、狙い打たれるよね。

若林に関しては、前からちょいちょいエラーもしているけれど、疲れもあるのだと思う、下半身が粘れていないのではないだろうか? 下半身がヘタっているので、バッティングも落ちてきている。

今の状態でセカンドを任せるのはこわいよね。しばらく、セカンドは増田、山本、田中俊太を併用したほうがいいかもしれない。

2019ジャイアンツ二塁手の守備(8.22現在)

若林晃弘 53試合 失策9 併殺26 守備率.965
山本泰寛 42試合 失策5 併殺29 守備率.978
増田大輝 17試合 失策2 併殺5 守備率.964
田中俊太 12試合 失策0 併殺6 守備率1.000
吉川尚輝 11試合 失策4 併殺9 守備率.935
吉川大幾 5試合 失策0 併殺1 守備率1.000
ビヤヌエバ 3試合 失策1 併殺0 守備率.000

あらためて見ると、ジャイアンツのセカンドはいまだにウィークポイントだというのが分かる。若林の失策9というのは、かなり多い。

参考までに、若林の2倍以上、セカンドで試合出場している広島の菊池が失策9(116試合)、ヤクルトの山田が失策7(115試合)だ。菊池の場合、守備範囲が尋常でなく広いので、ほかのプレイヤーよりも守備機会も多く、失策が増えてしまうのは仕方がない。その菊池と同じ失策数なのだから、若林のセカンドの不安定さが分かる。

併殺数も若林は10試合も多く出場しているのに、山本よりも少ない。守備範囲もそれほど広くないし、ポジション取りなども甘い部分がある。

吉川尚輝も11試合で4失策は多い。尚輝も菊池と同じで、守備範囲が広いタイプ。ただ菊池と違うのは、ボールに追いついてからのプレーが雑だということ。来期は、若林と吉川尚輝がポジション争いをしそうだけれど、2人とも守備はもっと鍛えなければといったところだ。

中川が久々の登板で3者三振

この試合の大きな収穫は、久々にマウンドに上がった中川はこれまで通りのパフォーマンスを見せてくれたことだ。

石垣、大島、京田の3人をいずれも空振りの三振に仕留めている。

コンデイション不良の原因が分からないので、なんとも言えないけれど、明日の状態がなんでもなければ、また勝ちパターンの中でいいピッチングをしてくれると思う。

ジャビッ党が選ぶこの日の戦犯とVP

戦犯・・・ヤングマン

なんだか、投げるたびに悪くなっている気がする。残念ながら、もう1軍での登板機会はないと思う。

VP・・・田中俊太

1軍昇格で即、マルチヒット。若林が落ちてきているときに、俊太が元気だとありがたい。カープの兄貴は登録抹消されちゃったけれど、その分、弟が1軍で活躍してほしいね。

明日のベイスターズ戦に勝てばマジック点灯らしいけれど、ひとまずマジックは気にせず、一戦必勝で3連戦の頭を取りたい!

絶対勝つぞ!ジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す