2019年06月29日

ヤクルト-巨人 10回戦

秋田

S 2  ―  G 6

秋田でリーグ戦再開!山口俊が7回無失点の好投で8勝目!

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
巨人 0 0 0 2 0 0 3 0 1 6
ヤクルト 0 0 3 0 0 1 3 0 2 2
投手リレー
G:山口俊-大竹-高木京
S:石川-梅野-蔵本-久保

好調山口俊がツバメ打線を0封

交流戦が終わり、リーグ戦再開となったジャイアンツは、秋田でスワローズとの2連戦に臨んだ。

先陣を切って先発のマウンドに立ったのは、6月に入って安定感抜群の投球を見せる山口俊。対するスワローズは、地元秋田出身の石川だ。

序盤はお互いの投手が持ち味を発揮した投手戦となる。ジャイアンツは4回に山田のエラーを足がかりに、1死2・3塁のチャンスを作ると、この日5番に入った陽岱鋼が前進守備の間を抜くタイムリーヒットで2点を先制する。

7回には、先頭の若林が2塁打で出塁、続く代打阿部、8番小林が凡退するものの、ピッチャーの山口俊が四球を選ぶと、亀井は振り逃げで2死満塁。その後坂本が押し出しの四球を選び、0-3とする。続く丸は1・2塁へ強いゴロを放つ。セカンドの山田が追いつくが、グラブに弾き、2者がホームインして0-5。9回には坂本のソロホームランも飛び出し、試合を決定づける。

打線の援護をもらった山口俊は7回を3安打2四球の無失点の好投。9回に登板した高木京介がスワローズの中山に2ランホームランを打たれ、2点を返されるものの、最後は代打の青木を打ち取って、ジャイアンツは2-6でリーグ戦再開を白星で飾った。

先発の山口俊はこの日の勝利で8勝目。通算投球回数1000イニングも達成した。

8回を3者凡退に片付けた大竹の好投も評価したい

この日のジャイアンツ打線はスワローズのミスを生かして、しっかりと得点に繋げた。山田の2つのエラーもそうだし、山口俊に対しての四球や亀井の振り逃げなどもスワローズにとっては大きなエラーだった。

また、9回には不調の坂本にホームランも出たし、丸、岡本も1本ずつヒット。この日5番の陽もタイムリーを放つなど、中軸がポイントゲッターになったこともよかった。

投手陣では、8回に2番手で登板し、スワローズ打線をしっかりと三者凡退に抑えた大竹も評価したい。シュートやカーブを低めに集めて、ゴロで打ち取る大竹らしいピッチングだった。

大竹はもともと先発なので、ロングリリーフもできる。明日先発のメルセデスなどはいつ崩れるかわからないので、今日のようなピッチングが続けられれば、第2先発としても活躍が期待できるかもしれない。

亀井が今日もノーヒットだったのが少し心配だ。ベテランなので、ちょっと休ませたいところ。この日は6番の若林がイニングの先頭打者だった7回と8回にいずれも出塁しており、チャンスメークしているので、若林を1番で起用してみたらいいと思うお。

ジャビッ党が選ぶこの日のMVP

MVP・・・山口俊

菅野が不安定な投球を見せる今シーズンは、山口俊が先発の柱といっていいだろう。今日も完封、完投も狙えたと思うけれど、夏場の戦いを見据えて7回で交代したのだろう。次回も安定したピッチングを見せてほしい。

明日も秋田での試合。メルセデスの替え時がポイントになりそうだ。
明日も勝つぞ!ジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す