2019年05月26日

巨人-広島 10回戦

東京ドーム

G 5  ―  C 4

岡本の久々の3ランなどで辛勝!対広島の連敗をストップしたのは大きい

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
広島 1 0 0 0 0 0 3 0 0 4
巨人 3 0 0 1 0 0 0 1 X 5
投手リレー
C:アドゥワ-中村恭-菊池保-フランスア
G:山口-アダメス-戸根-田原-澤村-中川

内容はどうあれ、3タテを免れたのは大きい

昨日の「広島に連敗の巨人だけれど、負けの内容を評価したい」では、結果も大事だが内容も大切だと述べたけれど、2連敗で迎えたこの日のゲームは違う。東京ドームで広島相手に3タテだけはなんとしても避けなければならない。今日は内容はどうでもよくって、「勝ち」という結果がどうしてもほしいゲームだった。そしてまさしく「勝ち」という結果になってよかった。

打順変更は成功

この日、原監督は初めて1番に亀井を入れて、5番にファースト大城を起用した。亀井の1番というのはちょっと意外だったけれど、大城の5番・ファーストというのは、「そのうちやるだろうな」とは思っていた。というのも、このところ大城は試合前練習などでファーストをやっていたからだ。大城の打撃を生かすならば、打撃に集中できる捕手以外のポジションの方がいい。そして、1塁で起用するならばクリーンアップでなければと思っていたからだ。

大城は5番起用で力んだのか、ノーヒットだったけれど、しばらく5番で使っても面白いと思う。

亀井は2安打1四球で、先制のホームを踏むなど1番としての役割は十分に果たしたし、途中出場の重信が決勝の犠飛を打つなど、攻撃面ではさすが原監督という采配を見せてくれた。

投手起用は疑問符

投手交代に関しては、7回のマウンドに山口俊を上げてもよかったのではないかと思っている。ヒットは7安打と打たれていたものの、6回1失点で四球も2つ。この日は低めのフォークがキレがあって、8奪三振と決して悪い内容ではなかった。山口俊のスタミナを考えても、あと1イニング引っ張っても投げられたと思う。

要は原監督のなかに 7回で多少球威が落ちてきた山口の投球 < フレッシュなアダメスの投球 という図式が成り立っていたのだろう。
この見立てが間違いなんだよね。確かにアダメスは150キロを超えるボールを投げ、力はある投手だ。けれども制球はアバウト。無駄な四球も多いし、真ん中付近へのボールも多い。

6回で山口を降ろすにしても、7回表の先頭は野間。先日のスクイズのリベンジも兼ねて左の戸根をワンポイントで使ってもよかったのではないかと思う。

8回、9回は澤村と中川で固まってきたけれど、7回が決まらない。ならば、先発投手はなんとか7回まで投げ切ってもらいたい。

ジャビッ党が選ぶこの日のMVP

MVP・・・ゲレーロ

素直に考えれば、初回に久々のホームランを放ち、8回にヒットで出塁し、好走塁で決勝のホームを踏んだ岡本和真なのだけれど、ジャビッ党としては、岡本はこのくらいやって当たり前というくらいのポジションにすでに岡本はいると考えている。なので、ホームラン量産体制に入った時にあらためて評価したい。

というわけで、1回にホームランを放ち、7回表に満塁で曾澤の飛球を候補したゲレーロをMVPに選びたい。ホームランは昨日に続き、ライト方向へ打ったということが大きい。右にも左にも打てるとなれば、相手バッテリーには結構嫌な存在になってくる。守備に関しては、ゲレーロでなければ、もっと普通に捕れていたと評価する人もいるし、実際そうかもしれない。でも、その時レフトを守っていたのはゲレーロだし、そのゲレーロがギリギリのプレイで捕球したのだから、そこは素直に褒めたい。モチベーションが低い状態だったらば、あの飛球は捕りにいっていないかもしれないし、初回の犠飛だってバンザイしていたかもしれない。ゲレーロは守備でも走塁でも、一所懸命やっている姿は好感が持てる。あとは結果でファンを納得させるしかない。

来週は、阪神、中日との6連戦で、その後交流戦を迎える。
しっかりと貯金を殖やして、パ・リーグとの戦いを迎えたい。

絶対勝つぞ!ジャイアンツ。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す