5点差を追いつかれるも、サヨナラでなんとか連敗ストップ

2019年07月23日

ヤクルト-巨人 15回戦

京セラドーム

G 6  ―  S 5

チーム123456789R
ヤクルト000101305
巨人400100001X6
投手リレー
S:ブキャナン-蔵本-ハフ-近藤
G:山口俊-デラロサ-マシソン-中川

8回の投手交代が裏目に

マツダスタジアムでカープに3タテを食らい、目下4連敗中のジャイアンツ。今日のスワローズ戦は、今年の投手陣の柱といえる山口俊。明日は移籍初先発の古川だし、あさっては投げてみないとわからないヤングマン。万が一今日を落とすと、大型連敗になりかねない。

試合はヤクルト先発のブキャナンを攻め、初回に4点を先制。4回にも1点を追加し5-0となった。先発の山口俊は5回表にバレンティンにホームランを許すが、5回までに打たれたヒットはこの1本。さすがに今日は勝てるだろうと思っていた。

ところが、7回にもう1点返され5-2。8回には1アウトから雄平にヒット、山田を四球で歩かせ、1アウト1・2塁のピンチを迎える。ホームランで同点の場面だ。
山口俊は左の山崎を三振に打ち取り2アウトとするが、ここで巨人ベンチが動いた。ピッチャー交代だ。

たしかに、前の打席ではヒットを許しているし、嫌な感じではある。青木、村上と左打者がつづくので、ここは田口かなと思っていたら、デラロサだった。田口はこのところ連投続きで、ブルペンでボールが走っていなかったのだろうか?

でも、このデラロサが初球、真ん中のストレートをホームランされてしまう。5-5の同点にされちゃった。いくらストレートが速いからといっても、元メジャーリーガーの青木が逃してくれるはずもないよね。

この間、バティスタにライト方向にホームランを打たれた時も思ったけれど、デラロサのボールって軽いな。ボールが速い分、飛びやすいのかもしれない。

連敗中ってこんなもんだろう。投手交代が完全に裏目に出た。

嫌な流れを断ち切った中川

9回表は広島戦で打たれまくったマシソン。ここでしっかり立ち直ってほしかったけれど、ボールのキレもコントロールもイマイチだったみたいだ。

先頭のバレンティンを長打を警戒するあまり、また四球を出してしまう。中村悠平に送られ、太田賢吾をどん詰まりのセンターフライに打ち取って2アウト。続くバッターは打率1割台の廣岡なので、なんとかしのいだかなと思ったら。その廣岡に四球。

いやいや、廣岡歩かせちゃダメでしょ。次のバッターは雄平。どう見たって雄平のが打つ確率高いもん。

原監督はたまらずここで中川にスイッチ。

中川はきっと次の回からと思っていたはず。それが2アウト1・2塁の大ピンチの場面で登板だから、ちょっとキツいよね。

中川は低めの際どいボールを取ってもらえず、雄平に四球を与えて、2アウト満塁で山田哲人。試合の流れや展開は完全にスワローズだし、連敗中のチームってだいたいこういう時に2~3点取られちゃうんだよね。

でも、中川が踏ん張ってくれた。山田をライトフライに打ち取って9回表を0で凌いだ。

慎之助もいたけれど、重信に託した原監督

連敗の予感が漂う嫌なムードを断ち切って、9回裏先頭の岡本がヒットで出ると、原監督はビヤヌエバに送りバントをさせる。これが村上のエラーを誘って、ノーアウト1・2塁。

ここは送りバントかなと思ったけれど、原監督は2塁ランナーを岡本から増田に代えて、代打重信をコール。
これでバントはないと思った。

バントさせるならば、代走重信で、代打増田だったはず。だって、増田の方がバント上手いから。
でもヒッティングならば、左打の重信の方がゲッツーの可能性は低い。ゴロを打っても1アウト、1・3塁の形は作れるからね。

もし、ここでバントならば、バントが成功したとして、1アウト、2・3塁。次の打者の立岡をそのまま打席に送り、続く小林のところで、阿部慎之助だろう。立岡がサヨナラできずに、2アウト2・3塁で慎之助ならば、敬遠で2アウト満塁で若林だ。

結果的に重信がサヨナラヒットを打ってくれたけれど、重信がゴロを打って1アウト、1・3塁ならば、ここで慎之助を使ったと思う。1塁が空いてない状況でヤクルトが慎之助を歩かせるかは五分五分。歩かせられたら、1アウト満塁で、そのまま小林を打席に送ってもいいし、代打山本というカードもある。

状況的には送るよりも、打たせた方がサヨナラの可能性が高いと原監督は思ったのだろう。その思惑が当たって、見事にサヨナラ勝ちで、ジャイアンツは連敗を止めた。

ジャビッ党が選ぶこの日のMVP

MVP・・・中川皓太&重信慎之介

9回表にピンチを救った中川とサヨナラヒットを打った重信の2人を選びたい。8回2アウトから中川でもよかったという考えもあったと思う。中川ならイニング跨ぎで抑えられたかもしれないけれど、今日は火曜日。6連戦の頭から守護神にイニング跨ぎはさせたくないよね。

明日は古川が先発。連敗が止まったので、気を楽にしてヤクルト戦に挑んでほしい。
明日も勝つぞ!ジャイアンツ!

スポンサーリンク
試合レポート
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました