2019年04月06日

DeNA-巨人 2回戦

横浜スタジアム

De 9  ―  G 2

先発澤村が4回持たずにKOで連勝ストップ。大城と慎之助が今季初安打をマークした。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
巨人 1 0 1 0 0 0 1 0 0 2
DeNA 1 0 0 4 0 2 1 1 × 9
投手リレー
G:澤村-宮國-大江-今村-戸根
De:京山-国吉-エスコバー-パットン

6連勝でベイスターズとの2戦目に臨むジャイアンツ。ここを勝って、3カード連続勝ち越しを決めたいところだ。
巨人の先発は、5シーズンぶりの先発となる澤村。対するDeNAは前の中日戦で黒星をつけている京山だ。

澤村は先発ならばカーブかチェンジアップを覚えるべき

ジャイアンツは初回に1死満塁から亀井の犠飛で1点を先制するが、その裏、あっさり同点に追いつかれてしまう。
3回表にゲレーロのタイムリーで1点を勝ち越すも、4回裏に筒香に四球、宮崎に四球、ロペスにタイムリーを打たれて同点とされたところで、
原監督はあっさり澤村をあきらめる。澤村の後を受けた宮國、大江がベイスターズに逆転され、そのまま失点を重ねて敗戦となった。

原監督は澤村について、「スタミナがなかった」とコメントしたけれど、澤村に関しては、緩急がないのではないかと思う。
澤村の持ち球は直球に、フォーク、スライダー、カットボール。いずれも球速の速いボールで、左右高低に投げ分けるのが前提だ。

だが、澤村は四隅に投げ分けられるほどのコントロールはない。
リリーフで短いイニングならば、強い球で押し切るほうがいいかもしれないが、長いイニングを考えると、
左右高低にプラスしてストライクゾーンの奥行を使うべきだ。

ジャビッ党としては、球速110キロから120キロくらいのチェンジアップかカーブを覚えれば、
ピッチングの幅が格段に広がるのではないかと思う。

シーズン中に新球を習得するのは難しいかもしれないけれど、ぜひ挑戦してほしい。

ジャビッ党が選ぶこの日のVP

2-9という大敗のなかで、いい材料を上げるとすれば、ここまでノーヒットだった大城にヒットが出たことだろう。しかも2本。
けれども、キャッチャーとして9失点はいただけない。先発だけでなく、中継ぎ陣もことごとく打たれている。VPには選べない。

この日は大城のほかに坂本勇とビヤヌエバもヒット2本を打っているが、いずれもシングル。
ビヤヌエバあたりにはそろそろホームランを打ってほしいものだ。

なので、今日は代打で今季初ヒット、2塁打を放った阿部慎之助をVPに選ぶことにする。
400号ホームランまであと1本。当分先発出場はなさそうだけれど、平成のうちに400号を放ってもらいたいものだ。

明日は勝つぞジャイアンツ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す