吉川光夫と宇佐見真吾がトレードで日本ハムへ、新天地での活躍に期待!

ジャイアンツからファイターズへトレードとなった吉川光夫と宇佐見真吾 選手を語る

6月26日、ジャイアンツの吉川光夫、宇佐見真吾と日本ハムファイターズの藤岡貴裕、鍵谷陽平との2対2のトレードが発表された。宇佐見に関しては「やっぱり」という感じ。吉川光夫に関しては、なにせ出戻りなのでちょっと意外だった。

ポスト山口鉄也の期待に応えられなかった吉川光夫

吉川光夫は、2006年のドラフト会議で田中将大のハズレ1位として北海道日本ハムファイターズに入団。

ルーキーイヤーの2007年の5月に1軍デビューし、15試合に先発。4勝を挙げた。2年目以降は伸び悩んだが、2012年に開幕から先発ローテーションに入ると、14勝5敗、防御率1.71の成績を残し、日本ハム優勝の原動力となり、最優秀防御率のタイトルとパ・リーグMVPを獲得した。

その後、エースとしての活躍が期待されたが、2015年に11勝を挙げたものの、思うような成績を残せず、2016年のシーズンオフに石川慎吾とともにジャイアンツへトレードされる。ジャイアンツ側の交換要員は大田泰示、公文克彦だった。

ジャイアンツに来てからは由伸監督の元で先発ローテーションとして期待されるが、2017年は12試合(うち先発8試合)で1勝3敗、防御率5.87。2018年は22試合(うち先発18試合)で6勝7敗、防御率4.26と、期待に応えることができなかった。

2018年は中継ぎとして結果を残しており、セットアッパーとして適正があるとみた原監督は、山口鉄也が付けていた背番号47番を吉川光夫に与え、ポスト山口鉄也として期待していた。ジャビッ党も左のセットアッパーの1番手として期待をしていたけれど、結果が出なかった。いかんせん、制球力がなかったよね。

2019年 巨人の左のセットアッパーは? ポスト山口鉄也問題
2018年、ジャイアンツの偉大な中継ぎ投手がユニフォームを脱いだ。 山口鉄也。実働11年、642試合、639回2/3、52勝、27敗、29S、273H、509奪三振、防御率2.34。 育成出身選手として初の新人王を獲得。2008年から2016年まで9年連続60試合登板。2014年に史上初の通算2...

もともとコントロールよりも球威で抑えるタイプだったけれど、昨年は四球で崩れるというケースが少なくなっていたし、オープン戦でも良かった。けれどもシーズンが始まってみると、全然ダメだった。ハートの問題だろうか?6月5日の楽天戦での登板で完全に原監督の戦力構想から外されてしまい、今回のトレードに出されることになった。

「吉川光夫、Youは何しに1軍へ?」8回裏に中継ぎ陣が2失点で、楽天戦の連勝ならず
8回裏、1アウト2塁で田原がブラッシュに与えた四球は仕方がない。甘いボールは投げられない状況で、果敢に内角を攻めての四球だったから。でも、その後マウンドに上った吉川光夫、「君はいったいなんのためにマウンドに上ったのか?」投げたボールは4球ともストライクゾーンから大きくそれたボール。ストレートの四球で傷口を満塁に広げた。

強打の捕手・宇佐見真吾は2年目オフの故障で打撃を狂わせた

宇佐見真吾は市立柏高校から城西国際大学を経て、2015年ドラフト4位でジャイアンツに入団した。千葉県出身で、右投げ左打ちの捕手ということで、阿部慎之助2世の期待があった。

プロ入り2年目の2017年シーズン、故障で出遅れるが8月に1軍昇格し、阪神戦で代打出場し初打席初安打(相手は藤川球児)を放つと、持ち前の打棒を爆発させ、21試合の出場ながら、打率.350、4本塁打、8打点の活躍を見せた。特にホームランは、プロ入り初ホームランがサヨナラ、2号・3号は同点打と印象に残る一打で、記録以上のインパクトを残した。

シーズンオフのアジアプロ野球チャンピオンシップには日本代表に選出されたが、秋季キャンプで左手首を故障し代表を辞退

結局この故障が宇佐見の打撃を狂わせてしまった。2018年は29試合に出場するも、打率.104、ホームラン0という成績。2軍での打撃成績もパッとしなかった。2019年も2軍で.238、1本塁打という成績で、岸田、田中貴也に次ぐ3番手捕手というポジション。ファーストやDHでの出場も多く、巨人ではジリ貧という感じになっていた。

吉川光夫は、慣れ親しんだチームでもう一度力を発揮してほしいし、宇佐見は2017年の打撃を取り戻せればチャンスはある。ベンチでもメモを取るなどキャッチャーとしても勉強熱心だから、新しい環境で心機一転頑張ってほしい。

スポンサーリンク
選手を語る
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました