おかえりなさい上原浩治。今年で43歳のメジャー帰りのベテラン投手に期待すること

上原浩治がジャイアンツに帰ってきた。

3月9日の入団会見から、3月11日のフリーバッティング登板、そして3月20日のオープン戦で3426日ぶりの東京ドームのマウンド。3月中旬は巨人ファンのわくわくが止まらなかった。

上原と同じ昭和50年生まれの僕としては、とにかくプレーヤーとして、頑張ってもらいたい。と思っている。40過ぎても若いものには負けない!おじさんパワーを見せつけてほしい。

技術や調整法よりも伝えてほしいこと

球団や首脳陣は、ひとりの投手としての上原の力ももちろん必要としているけれど、プラスアルファの上原効果を期待していると思う。

150km/hのストレートは投げられないけれど、キレと制球力で、日本のプロ野球とメジャーリーグの第一線でずっと活躍してきた上原。先発の経験もあるし抑え、中継ぎとあらゆるところで投げてきた。その投球術は、間違いなく投手陣のプラスになるし、40過ぎても現役を続けられる調整方法もブルペン陣の参考になるはずだ。

でも、それ以上に伝えてほしいことがある

かつて久保裕也に伝えた心構えを伝えてほしい

帰ってきた上原浩治が背負う背番号は「11」。これは、2003年~2015年まで久保裕也が付けていた背番号だ。

その久保に対して、かつて上原が厳しく叱ったことがあるという。

上原が巨人のエース、久保が1軍と2軍を行ったり来たりしていた頃だ。久保らチームメイトと食事に行った上原だが、翌日に先発を控えていたため、早々に帰宅した。翌日もブルペンに入る久保は、上原が帰った後も遅くまで店に残っていたという。

翌日、上原が先発し、勝ち投手の権利を持ってリリーフ陣に後を託す。

ところが、マウンドに上がった久保が打ち込まれ逆転負け。

この時、上原は久保に対して「ハメ外すのは、次の日がオフの時ぐらいにしとけ」とプロとしての心構えを厳しく説教したという。

キラキラと輝く大エース上原と、1軍と2軍を行ききしていた時代の久保

キラキラと輝く大エース上原と、1軍と2軍を行ききしていた時代の久保

上原からの言葉で、プロとしての考えを改めた久保は、上原がメジャーへと渡った後の2010年、リーグ最多の79試合に登板し、巨人のセットアッパーとしての地位を確立。

翌年の2011年には、67試合に登板、4勝2敗20S 21H防御率1.17という好成績を収め、ジャイアンツのブルペンを支えた。

あの年、久保裕也が投げていた内外角に投げ分けるフォークボールは、上原のスプリットに通じるものがあった。

上原の言葉を胸に、プロとしての自覚に目覚めた久保はキラキラと輝くセットアッパーに成長

上原の言葉を胸に、プロとしての自覚に目覚めた久保はキラキラと輝くセットアッパーに成長

ジャイアンツに戻ってきて間もない上原だけど、若い選手たちに、プロとしての在り方をしっかりと伝えてほしい。

野球の楽しさとファンを大切にする気持ちを伝えてほしい

巨人からFA宣言して、メジャーへと渡った上原が一番変わったなぁと思ったのは、野球を楽しそうにプレーしていたこと。

もちろんプロだから、楽しいばかりではないはずだけれど、そもそも野球が大好きだからみんな野球選手になっているはず。観ているファンも、楽しそうにプレイしている選手を観る方が気持ちがいい。暗い顔をしてプレイしている選手がいたら、「もっと野球を楽しもう」と声を掛けてほしい(負けているときヘラヘラしているのはまた別だけど)。

メジャーへ行った上原は、日本にいた時よりもファンを大切にするようになったと思う。アメリカでは、プロスポーツはエンタテインメントなので、ファンへのサービスは当たり前。日本ではファンサービスをあまり積極的にしなかったイチローですら、ファンを大切にする。

上原の場合は、twitterやブログなどでファンに自ら情報発信しているところがエライ! アメリカに居たから、日本のファンに対してインターネットを通じて繋がるという姿勢だったのかもしれないけれど、ファンにとっては、球団を通してではない、本人発信の情報が入ってくるというのは嬉しいもの。

上原にはこれからもtwitterやブログを続けてほしいし、ほかの選手にも勧めてほしいと思う。

あらためて、上原浩治には同じ昭和50年生まれとして、まだまだ現役としてやれるところ見せつけてほしい。
ガンバレ上原!

東京ドームのマウンドに立つ上原(photo山内信一さん)

上原浩治のツイッター

koji-uehara.net

コメントを残す