祝☆巨人優勝☆野手陣はお互いがカバーリング。投手陣は先発の安定が大きかった。

マジック1で迎えたヤクルト戦、ジャイアンツが見事一発で決めてくれましたshine.gif

今年優勝できた大きな要因は、やはり投手陣、杉内投手、ホールトン投手の加入が大きかったと思います。
内海投手、澤村投手に2人が加わったことで、先発投手陣が安定。
その分、宮國投手をはじめ、若手投手陣を先発で起用することができました。

また、中継ぎ投手陣が安定し、夏場以降は福田投手や田原投手、W高木投手の役割がはっきりしました。
そのおかげで、山口投手、西村投手も8回、9回と起用法が確立、
盤石のブルペン陣を形成することができました。

野手では、外野に1枠、内野に2枠、
レギュラーポジションが空いており、
若手、ベテランを問わず激しい競争の結果、
相乗効果で打線が強化されました。

前半では谷選手、夏場以降では松本選手や矢野選手が活躍してくれましたsmile.gif
寺内選手と藤村選手のセカンド争いは、バッティングはイマイチでしたが、
守備面ではいいプレイをたくさん見せてくれました。

これからCS、日本シリーズ、そして連覇を目指し、
まだまだレベルアップを図っていってほしいものです。

スポンサーリンク
ジャイアンツ
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました