no-image

ソト投手、ソーサ投手を攻略しての勝利はCSへの大きな収穫!でもCSファイナルの相手はヤクルトかも!

今日のドラゴンズ戦、先発の笠原投手が2回5失点も、
坂本選手の満塁ホームランや、今や代打の神様となった石井選手の勝ち越しタイムリーで勝利!
マジックを3としたジャイアンツ。

この試合で大きかったのは、いままで打ちあぐんでいたソト投手を攻略したことと、
中継ぎで抜群の安定感を誇っていたソーサ投手を打ち崩したことです。
クライマックスシリーズで中日と対戦した場合、
この2人の外国人投手の攻略は欠かせないからです。

でも、果たしてファイナルステージに中日が上がってくるのか?
今日の試合を観て、ヤクルトの方が上がってくるのではないかと思ってしまいました。

ヤクルトがファイナルステージに上がってきそうな理由

その1:中日吉見投手の離脱
中日の大黒柱の吉見投手が昨日の試合で途中降板しました。
肘の違和感ということで、クライマックスシリーズの出場も危ぶまれます。

一方、ヤクルトは右のエース館山投手が安定し、
左の村中投手が、かなり調子を上げてきています。
ロマン投手、石川投手、赤川投手と先発陣は現時点ではヤクルトの方が上ではないでしょうか?

その2:モチベーションのない中日と緊張感のあるヤクルト
今日、広島との直接対決を制し、クライマックスシリーズがぐっと近づいたヤクルト。
クライマックス出場が確定するまで、チーム全員が緊張感をもってゲームの望むことは間違いありません。

一方の中日は、優勝は絶望的、2位は安泰でモチベーションがありません。
今日の試合では、4点差を追いかける8回裏の攻撃で、
ツーアウトランナーなし、打者が投手というところで、そのまま打席に送りました。
球場もちょっとざわついていました。
そして9回表には、谷繁捕手を引っ込めて、今シーズンほとんどマスクを被っていない松井捕手に交代。

優勝が決まっていないなか、ゲーム差が離れているとはいえ、
負けている2位のチームが4点差でゲームを捨てるという姿勢を見せたのです。
試合はそのまま4点差で終わったのですが、
9回裏は2アウト1塁2塁でクリーンアップという状況までいきました。

西村投手が引っ張り出された格好ですが、
個人的に観ていて、「1アウトで1セーブ稼げるなんて、オイシイ場面」
と思ってしまいました。
打者は和田選手、ネクストはブランコ選手。
普通ならちょっとハラハラするのですが、
中日ベンチが勝つ気がないのでかなり安心して観ていられました。

もし、あきらめない姿勢を中日ベンチが見せていたら、
西村投手もマウンド上で余裕はなかったはずです。
もしかしたら、原監督もイニングの頭から西村投手でいったかもしれません。

今の中日はハッキリ言って強いです。
だって、監督と投手コーチがあんなにギクシャクしているのに、貯金20で2位なんですから。
昨年までの2連覇で選手だけでも野球ができるチームなんだと思います。
他球団の悪口はあまり言いたくありませんが、
監督が落合さんだったら、こんなに楽なシーズンにはならなかったと思います。

そんなわけで、明日の試合も大切ですが、
明後日からのヤクルト戦が非常に大切になってきます。
ジャイアンツは表ローテの登板。
クライマックスで当たる可能性の高いヤクルトに隙をみせない試合をしてほしいものです。

そして、本拠地で胴上げを!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

“ソト投手、ソーサ投手を攻略しての勝利はCSへの大きな収穫!でもCSファイナルの相手はヤクルトかも!” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    こんばんは。
    8回裏は2アウトでランナー1塁でしたよ~
    なおさら『なぜ代打出さない??』と思いましたが(^_^;)

    あと吉見投手は右肘の骨折で今季絶望だそうです。
    ますますヤクルトが上がってきそうですね!

    • かめ うさぎ より:

      スコア確認しました。たしかに、一塁にブランコがいましたね。
      失礼しました。
      ランナーいるなら、なおさら代打ですよね。

コメントを残す