秋季練習で若手を鍛える阿部慎之助2軍監督

阿部2軍監督始動!ジャイアンツ球場で2軍の秋季練習を見学!2020年に活躍が期待できる若手はこの選手だ!

日本シリーズでホークスに4連敗したジャイアンツ。現在、2020年シーズンに向けて戦力の底上げのため、若手を中心に宮崎で秋季キャンプが行われている。

一方で、東京に残り泥まみれになって練習している若手たちもいる。彼らを指導するのは、今季限りで引退した阿部慎之助2軍監督だ。

今回は来期以降に活躍が期待できそうな若手を探しに、ジャイアンツ球場へ足を運んだ。

ジャイアンツ球場は育成選手中心の2.5軍が汗を流す

いま、宮崎で練習をしているメンバーは以下の通りで、今シーズン1軍で活躍した若手のほかに、1軍出場経験ない高卒ルーキーや育成選手も多く参加している。

半分が1軍選手、半分が2軍選手の1.5軍メンバーといっていいだろう。

ジャイアンツ2019宮崎秋季キャンプ参加メンバー

  • 投手:高橋優貴、鍬原拓也、桜井俊貴、今村信貴、直江大輔、横川凱、大江竜聖、戸郷翔征、沼田翔平、田中優大、與那原大剛
  • 捕手:大城卓三、田中貴也、高山竜太朗
  • 内野手:岡本和真、田中俊太、北村拓己、山本泰寛、若林晃弘、増田大輝、湯浅大
  • 外野手:石川慎吾、重信慎之介、松原聖弥、村上海斗、山下航汰

一方でジャイアンツ球場では、宮崎キャンプに参加できなかった育成選手や、故障明けのリハビリ組、また若手と中堅の間くらいの微妙な年齢の宮國や吉川大、立岡らが練習をしている。

半分が3軍選手、半分が2軍選手の2.5軍といったところだ。

若手の打撃練習を見ながら思わずバットを構えてしまう阿部慎之助2軍監督。自分が打ちたくてウズウズしているのがわかる。

若手の打撃練習を見ながら思わずバットを構えてしまう阿部慎之助2軍監督。自分が打ちたくてウズウズしているのがわかる。

吉川尚輝は内野で守備練習、バッティングはまだ無理?

腰の故障でほぼ1シーズンを棒に振った吉川尚輝は、ジャイアンツ球場の居残り組に入っている。

内野でノックを受けており、来シーズン以降もセカンドで勝負!ということなのだろうか? 一方で午後のバッティング練習には不参加。腰、本当に大丈夫なのかな?

久しぶりに吉川尚輝を見たけれど、太ももやお尻あたりがずいぶん太くなっている気がした。

この1年、腰のリハビリも兼ねて下半身を強化していたのかもしれない。

尚輝がスピードを維持したままパワーアップしていて、なおかつ故障の心配がなければ、セカンドは安心なんだけれどね。半信半疑。

優勝にほとんど貢献できず悔しい思いをした吉川尚と吉川大

優勝にほとんど貢献できず悔しい思いをした吉川尚輝と吉川大機のW-吉川

セカンドのポジションで守備練習する吉川尚輝。来季は故障なく過ごせるか?

セカンドのポジションで守備練習する吉川尚輝。来季は故障なく過ごせるか?

坂本勇人の後継者に名乗り?2人のショートストップに注目

この日(11月9日)、阿部2軍監督が直接指導していたのが、育成の黒田響生【021】だ。監督は毎日違う選手を「かわいがる」的なことを言っていたけれど、どうやら黒田への指導はこの日だけじゃないみたい。ちょっと多めに目をかけている感じだ。

阿部2軍監督の指導を受ける黒田響生。早く2ケタの背番号になってほしいものだ。

阿部2軍監督の指導を受ける黒田響生。早く2ケタの背番号になってほしいものだ。

細身ながらも力強い打球を打つ黒田は、夏に開催された東京ドームのイースタン・リーグ公式戦でプロ1号を放っており、ジャビッ党も注目している若手だ。

そしてもう一人はドラフト2位ルーキーの増田陸。

6月に手術を受けており、今シーズンは身体づくりに専念した増田陸。そのおかげで、体は2まわりくらい大きくなっている。同級生の黒田と比べるとその差は歴然だ。

打撃練習では、この日は阿部2軍監督の指導はなかったけれど、11月3日には直接指導も受けている。

打撃練習終了後は、居残り特守で育成の比嘉と3人で片岡コーチから指導を受けていた。

居残り特守で片岡コーチから指導を受ける比嘉、黒田、増田陸。片岡コーチ奥様ご懐妊おめでとう!

居残り特守で片岡コーチから指導を受ける比嘉、黒田、増田陸。片岡コーチ奥様ご懐妊おめでとう!

メディシンボールを使って、ボールに入る練習を繰り返す増田陸。

メディシンボールを使って、ボールに入る練習を繰り返す増田陸。

黒田響生と増田陸。切磋琢磨して、来季の夏くらいには1軍デビューを果たしてほしい。そんな期待を持たせてくれる2人にジャビッ党は今後も注目していきたい。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメントを残す