100勝を目前にまたも足踏みの内海投手。阿部選手の途中交代も気がかり

久々に東京ドームへ行ってきました。
巨人―楽天の最終戦。
投手戦が期待されましたが、内海投手が4回5失点。
100勝を目の前にまたも不甲斐ないピッチングでした。

球場での観戦なので、球のキレとかコントロールはわからないのですが、
結構ファウルで粘られたりしていたので、あまり良くなかったのでしょう。

やっぱり複数年契約をするとダメなんですかねぇ。

試合は終盤に巨人が追い上げ5-3でしたが、内容的には完敗です。
楽天の田中投手からは結局点を奪うことができませんでした。
今日はセカンドの藤田選手の守備が光っていました。

それにしても8回ウラは慎之助選手にまさかの代打。
背中の張りで打てる状態ではなかったとか。
ちょっと心配です。

今日の収穫は、鬼屋敷選手が1軍デビューを果たしたことと、
福田投手が今期初登板したことでしょうか。

鬼屋敷捕手は同期の河野捕手と「ポスト阿部」の座を競う若手。
最近、実松捕手のリードやバッティングが精彩を欠いているので、
慎之助捕手を休ませるときは、思い切って若手を起用してもらいたいものです。

福田投手はキレ、コントロールともに去年と比べるとまだまだな感じですが、
ロングリリーフもできる中継ぎには欠かせない存在。
これからに期待したいです。

また、終盤は代打で出場した小笠原選手がファーストにつき、
ロペス選手がセカンド、村田選手がサードというオプションも試せました。

村田選手、長野選手の日大コンビが調子が上がってこないので、
2人を外すということも考えてもいい時期なのかもしれません。
サードはロペス選手以外にも、中井選手や亀井選手も守れます。
個人的には小笠原選手にやらせることで、体にキレが出てくるかもしれないと思っています。

長野選手は守備力と走力で今のところスタメン落ちを免れていますが、
このところ控えにまわっている松本選手も矢野選手も結果を出しています。
由伸選手も2軍で実践復帰するので、打てないようなら控えにまわってもらうしかないです。

交流戦をなんとか五割以上で乗り切って、レギュラーシーズンに戻ってほしいものです。

久々のドーム観戦。負けてしまいました。オレンジタオルが3回振れたのがせめてもの救い。

久々のドーム観戦。負けてしまいました。オレンジタオルが3回振れたのがせめてもの救い。

スポンサーリンク
ジャイアンツ
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました