統一球問題。球団にも選手にもファンにも隠していたコミッショナーは辞めるべき。

昨シーズンよりホームランが増え、統一球が飛ぶようになったという話がシーズン当初から出ていました。
私は、怪しいなぁとは思いながらも、「隠す意味がない」と思っていたので、変わってないのではないかと信じていました。

ところがです。

朝日新聞の報道によって統一球が飛ぶように調整されていたことが明らかになりました。

NPBによると、昨季中に数回行うボール検査で、反発係数の平均が基準の下限値を下回るケースが出たという。このため、昨夏ごろにミズノ社に「13年の統一球では反発係数が下限値を下回らないように」と調整を指示した。

と記事にはあります。
それならそれで、「あまりにも飛ばないので、ちょっと調整します」って言えばいいじゃない。
混乱しないようにって、別にシーズン中に替えなければ混乱もしないと思います。

むしろ、飛ぶようになったことを知らなかったせいで、選手、特に投手は「こんなはずでは」ということが多かったのではないでしょうか?
自分のボールのキレがないのかと思って、バランスを崩したりすることもあると思います。

選手にも球団にもファンにも隠す意味はいったいなんなのでしょう。
これを指示した加藤コミッショナーはプロ野球全体を馬鹿にしていると思います。
選手はひとつひとつのプレーに生活がかかっているのです。
ボールが飛ぶようになったならば、対策も考えるでしょうし、オープン戦でいろいろと試すこともあったと思います。

加藤コミッショナーには即刻辞めてもらいたいですね。

さて、統一球が飛ぶようになっていたことが判明し、巨人ファンとしてはビミョーな気持ちです。
●小笠原選手が少し調子がいいのはボールのおかげか?
●内海投手が2年連続で最多勝を獲れたのは、ボールのおかげ!?
●飛ぶボール時代を知らない澤村投手や宮國投手はこれから活躍できるのか?

てな感じです。
要は実力が足りないということかもしれませんね。
もっと精進してもらわなければなりません。

そう考えると、菅野投手はたいしたもんだなぁと思います。

スポンサーリンク
ジャイアンツプロ野球を語る
ジャビッ党をフォローする

1975年、ジャイアンツの歴史上、唯一の最下位だった年に生まれる。
同学年の選手は高橋由伸、上原浩治、高橋尚成、井端弘和、岡島秀樹など。

生まれてからの最初の記憶が、祖父の家のテレビで観た王さんの756号という巨人ファン。1989年の近鉄との日本シリーズ、3連敗からの逆転日本一を疑わず、それが実現したことから、本格的にジャイアンツにのめり込む。

高校時代から東京ドームに通い始め、1994年には東京ドームでアルバイトをし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督の胴上げを生で観る

大学時代に某スポーツ解析ソフトウェア会社にアルバイトとして働き始め、そのまま入職。野球とラグビーのデータ入力と解析を担当した。

2008年には年間およそ50試合ほど、東京ドーム、神宮、横浜などで観戦したが、仕事の都合上、現在は日テレG+での観戦やネット観戦が多い。

夢は東京ドームの年間シートを購入して、毎試合生観戦すること。

ジャビッ党をフォローする
ジャビッ党|巨人ファンのジャイアンツ愛に満ちた応援ブログ

コメント

  1. きりうさぎ より:

    加藤コミッショナー即刻辞任には、大賛成!絵に描いたような老害だね。
    やっぱり、プロ野球経験者にコミッショナーになってもらいたいよ。しかも、せめて60歳代までにしてほしい。

    しかし、菅野はすごいね。球威・制球・スタミナ・精神力のすべてが一流の域にあるね。体も強そうだし、15勝はしそうだね。

  2. ソナタ より:

    昨日のゲームは散々でしたね。
    私はビデオで観戦しましたが、ちょっと阿部選手のリードに?です。
    私的に、「ちょっと怖いのでインコースは・・・」と思っている場面でインコースを要求。
    結果ホームラン・・・
    平田の2打席、クラークの一発、の場面はちょっとどうかと。
    ボールも飛ぶようになったわけだし、ドームはなおさらホームランが出やすいので、去年と同じようにリードしていると危ないと思います。
    勝てる試合を落としたように感じているのは私だけでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました